2010年08月23日

成田より更新

3週間の滞在もあっという間に過ぎ、またアメリカに戻る日もうやだ〜(悲しい顔)
嫌になるくらい何度も繰り返してるこの往復だけれど、やっぱり戻るときはいつも未練いっぱいで、親と駅で別れるときは哀しくなります。

今回のハイライトはたぶん、新しい出会い・・・甥っ子との初対面ぴかぴか(新しい)
妹一家の家に初めてお邪魔して、まだ2ヶ月の甥っ子を観察しまくった。
なぜだかいつもちょっと眉間にしわを寄せてどっかを見てる甥を見てると、生後2ヶ月の世界がどんなのか、想像をめぐらせてしまう・・・。

BBQ small.jpg

妹が接待してくれて、二階のパティオで妹+甥っ子ちゃんとバーベキューをした。甥っ子ちゃんはその場にいただけだけど、やっぱり人の気配がいるとこが楽しいみたい。

甥っ子が寝てしまった後は、妹と2人で屋上で星を見つつ、ジャグジーに入ったのだけども(これがめちゃよかった〜)、なんかしきりに一人欠けてる気が。甥っ子ちゃん、まだ2ヶ月なのに、存在感はしっかり一人前。

今度会えるのは、もう這い這い始めてる頃くらい。このめちゃちっこい時期を逃してしまうのは寂しいなぁと、遠くに住んでるのがまたまた残念に思えてしまう。。


色んなことがあったけど、するべき仕事も割と片付いたので、まぁまぁ充実の滞在だった。

アメリカに戻ったら、終に!!最後のセメスター。の予定!
じきに論文終えて、卒業して帰ってきますともー(と、自分にプレッシャーをかけてます)。



posted by eiko at 13:59| Comment(5) | TrackBack(0) | Pastime | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月03日

寒い日のLostとグリューワイン

火曜日は、ティーチング&オフィスアワーの後、ウォーターエアロビクスのクラスに行くのが日課。今日はそれが終わった後、急いで着替えて、一目散へ家へ。

・・・それもこれも、「Lost」最終シーズンの第一話を観るため!

前シーズンが終わった昨年4月からずっとずぅーーと心待ちにしてた、この最終シーズン第一話鑑賞に、ルームメイトが一層楽しさを加えてくれました。

レストランまずは、ドイツ料理のじゃがいものクリームスープ。そして、牛肉とマカロニのチーズ焼き。(写真がないのです・・・しまった!)

喫茶店そして、食後にはグリューワイン(Glühwein)。これはクリスマスの時期にドイツで飲まれるホットワイン。私は数年前、シカゴのドイツクリスマス市で飲んだっきり。

赤ワインを鍋に入れて、そこにシナモンスティック、グローブ、オレンジピール、レモンピールを布の袋に入れたものを投入。そのままアルコールをとばさない程度に弱火でゆっくり温めていると、部屋中にスパイスと赤ワインのいいにおいが広がります。ルームメイトはそこに、温かい紅茶とハチミツを加えていたけれど、紅茶は入れなくてもいいそう。

スープもグリューワインも、寒い日にぴったり(ここ数日のオースティンはかなりの寒さ)。身体の心からあったまります。
もちろん、2人でワイン一本分飲み干しました♪
posted by eiko at 16:44| Comment(7) | TrackBack(0) | Pastime | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月24日

日本での夏‐観光・遠出編‐

今回の約一ヶ月半の一時帰国も、いつもの通り、たくさん楽しみました。
家族や友達との時間が貴重で楽しかったのはもちろん、研究会にも5、6回出席でき、発表もさせてもらえたので、Work-wiseでも充実。

飲み会も、もちろんたくさんしたのだけど、ちょっとしたお出かけもしたので、その様子を以下に。

かわいいプチ観光
京都訪問してきてくれた友達が二人いたので、二度、京都案内をした。晴れて蒸し暑い7月のある日にはDyzoくんを、お盆近くのとある雨降りの日にはMktさんを、それぞれご案内。コースはちょっとずつ違ってるけど、お寺や神社や京都らしい町並みやら。案内ついでに私も大好きな京都観光を楽しめるので嬉しい。

kyoto small 1.jpg
こちらは先斗町。

高台寺(この2枚の写真はDyzo氏撮影)。お庭の一部。
kyoto small 2.jpg

この日はこの後、風情ある町屋のお店で、京風おばんざいとビール。

そして別の日with mktさん。まずは雨上がりの金閣。
kyoto small 3.jpg
いつ観ても、金閣寺の煌めきには目を奪われてしまう。

対照的に、趣深さのある銀閣寺にも行って、
kyoto small 4.jpg

哲学の道を歩いて、南禅寺に到着。
kyoto small 5.jpg

何度も行ったとこばかりだけど、何度行っても飽きないし、行く度に癒されるし。小さい頃は良さが全然わからなかったけど、歳をとってからお寺訪問が楽しくなった。2日歩き通しても全然足りない。それが京都!

かわいいプチ遠出
友達Yと二人、とりあえず日帰りで遠くに行こうという企画。今回は電車で赤穂まで。赤穂は兵庫県とはいえど、ほとんど岡山なので、これはもう、立派な遠出。

まずは明石で途中下車。明石焼きを食して腹ごしらえ。
それからまた電車に乗って、揺られること1時間強。赤穂浪士の地、赤穂に到着した。
レンタサイクルで、まずは大石神社へ。
akou small 1.jpg
並んでます。四十七士の像。

赤穂事件(忠臣蔵)の指導者、大石内蔵助の像は特別〜。
akou small 2.jpg

赤穂城跡見物の後は、またチャリを走らせて海の方へ。
目的は露天風呂付きの海辺の温泉いい気分(温泉)

akou small 3.jpg
すごく暑かったので、温泉は快適!そして、この海の景色も爽快でしたぴかぴか(新しい)
アメリカに住んでて恋しくなるものの一つは温泉。お湯につかって、しかも海辺で露天風呂もあって。とっても幸せ。こういうとき、やっぱり私は日本人だなぁと思う。

この日の夜は、海辺だからシーフードを!と思ってたのだけど、赤穂の町自体は小さくて、残念ながらいいお店が見つからず。結局梅田に戻ってから(ママロとも合流して)、お魚のおいしいお店で魚介類ばかりを注文した。チャリで山越えしたりしてくたびれてたので、ビールとお料理がおいしかったのは、言うまでもありませぬビール

お寺や神社。温泉や山や海。日本の風景は、本当に綺麗だと思う。
posted by eiko at 17:14| Comment(3) | TrackBack(0) | Pastime | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月22日

引越し中

日曜日以来、オースティンに戻ってます。
帰米してその足で引越し。以来毎日、荷物を運ぶために旧居と新居の往復。たぶんあともう2往復。
引越ししてみて初めて持ち物の多さに気づいた次第。思ったよりずっと多かった!

そんな引越し作業真っ只中にも関わらず、昨日(木曜日)は友達数人とSchlitterbahnという、大きなウォーターパークへ行ってきた。ドイツ系移民が多く住む町にあるこのドイツ語のウォーターパーク。チューブに乗って滑る大きな滑り台がたくさん。ぐるぐる長いのやら、やたら速いのやら、滝をすべり降りるのやら、結構スリリングで、一日中めいっぱい滑り続けました。
おかげで日焼け。

日本での色々は、また次回。
posted by eiko at 15:43| Comment(7) | TrackBack(0) | Pastime | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月19日

ホットヨガ(ビクラムヨガ)

友達に誘われて最近ホットヨガ(ビクラムヨガ)を開始。近くのヨガスタジオに時間があれば通ってます。
室温105度(摂氏40度)湿度55%の中、90分、ゆっくり呼吸しながら26種類のポーズを行うヨガ。最初に水をたくさんたくさん飲んで、ヨガマットの上にバスタオルを敷いて運動するのだけど・・・。終わる頃にはタオルも汗で重くなる程。

普通のヨガの暑い版、と思って最初行ったら大間違い!
サウナのごとく熱いし、始まって一分ですごい汗。さらさら〜な汗なんだけど、発汗量はハンパないし、90分は長いし、心臓はバクバクなるし、かなりの運動量。引き締まっててセクシーなお姉さん・お兄さんインストラクターさん達によると、骨の歪みが直り、血流や新陳代謝が良くなり、柔軟性も高まり、内蔵機能もアップするそう。身体の内の内側から鍛えられていく気がします。

とにかくストイックで、インストラクターには「90分瞬きもせずに集中しなさい」と言われる。もちろん手を抜こうと思えばいくらでも楽できるんだけど、それじゃあ意味がない。身体の隅々までに気を配って、一つ一つのポーズを集中して行うと、筋肉も体力もかなり消費するし、何よりヨガにおいては、この「集中」できる精神力を鍛えることが大切なんだそう。暑くてしんどくてめげそうになるけど、自分に勝って集中力を保って、一つ一つしっかりこなしていくことが大事なんだろうなぁ。

90分全部終わった後は、お風呂にでも入ったかのごとく、ウェアも身体もびちょびちょ。。でも、終わって十分汗をかいた後、肌がすべすべになってる感じがするのは快適!最近は慣れてきて、90分もだいぶ短く感じるようになった。

これからも続けて、デトックスして身体の内側からキレイになりたい!

posted by eiko at 16:47| Comment(2) | TrackBack(1) | Pastime | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月01日

初オペラ!・・・の前のトラブル

先週末。メゾソプラノ歌手の友達が出演しているオペラを、市の劇場まで観に行ってきました。人生初のオペラ!わくわくしながら、とっても楽しみにしていた。

それなのに、その前に大失敗たらーっ(汗)

その日、急ぎつつ友達とともに劇場の駐車場に到着。事情があって、車を停めた頃はオペラの開始時間ギリギリ。その前に事情があって違う場所に停めた後、やっとその駐車場に到着したところだったので、私も友達もかなり焦り気味だった。とにかく、時間もギリギリだし、すぐにでも車を出て、劇場に向かいたかった私たち。急いで駐車して、共に車外に出た。

ところで、私の2000年製カローラちゃんは、オートロックではなく、鍵は手動というローテク仕様。だから、私はドアを開けたらすぐに手動でロックをしてドアを閉めるというのが常。
このときももちろん、同じように車を停めた後ドアを開け、鍵を閉めて、ドアを閉めました。とにかく急いでいたから、「早く車から出て劇場に向かわなきゃ!」ってことのみを考えていた私。

・・・そしたら。

ドアを閉めて車外に出て、車の後ろを回ったとき、車のライトがまだ付いていたことに、気づきました。

なんでまだ付いてんの?って思ったのはつかの間。さらにすぐに気づきました。
・・・しまったあせあせ(飛び散る汗)!って。。

なんと、エンジンがまだかかったまま。
鍵をかけた車のエンジンが、まだかかったまま・・・。

つまり、鍵を抜いてエンジンを止めるのを忘れてそのままロックして車外に出てしまった私・・・。
急ぐあまりに、エンジンを止めるという肝心の行動を忘れてしまっていたということです。

あまりのことに、しばらくは「信じられない」としか言えず・・・。

隣でたまたま同じときに車を駐車した人が、「エンジンかけたままロックしちゃったのー?」と笑いながら私たちを通りすぎていく。
余計なお世話だっ!

とりあえず、「信じられん」を連発しながら保険屋に電話して、助けが来てもらうのを待つこと30分弱。急いでるときに限ってこういうことが起こるもの。オペラはとっくに始まってたけど、友達は私のために一緒に待ってくれた(涙)。
その間、車のエンジンはかかりっぱなし。時にオーバーヒートするのを防ぐためか、「ボォォーッ」ってすごい音がなる。
ごめんね。カローラちゃん。。

・・・30分後。保険屋さんから派遣されてきた助っ人さんが来てくれて、やっと鍵を開けてもらう。無事にエンジンを止めることができたときには、命を救ってもらったような気持ちになりました。「今日、エンジンかけたままロックしちゃった人は3人目よ」とのこと。こんなバカなことする人が私だけじゃなくって、とても安心しました。ありがとうぴかぴか(新しい)


その後観たオペラは、途中からだったけど、それでも十分感動。フランス語なんだけど、舞台の上の電光掲示板にに英語訳が表示される。
DIALOGUES OF THE CARMELITESという、フランス革命が舞台の、修道女たちの話。友達は修道女の一人で、ソロこそはなかったけど、ずっと舞台に立ってた。衝撃的な結末を迎えるという、オペラ初心者にしては、暗ーいお話。でも、オーケストラと劇とのコラボにはとっても感動して、最後は涙が出そうだった。


今度は、是非是非是非、最初から観れるようにしたい!

posted by eiko at 16:54| Comment(6) | TrackBack(2) | Pastime | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月22日

SXSW(サウスバイサウスウエスト)

今週は、一週間のスプリングブレイク。といっても、もうそのブレイクも後2日足らずで終わってしまうのだけど・・・。

毎年、スプリングブレイクと言えば、SXSW(サウスバイサウスウエスト)。SXSWは、オースティンで開催される、世界規模の音楽・映画・インタラクティブのコンフェレンス。特に、音楽部門は大きくて、町中の至るところでライブ三昧の4日間!開催中は、世界中から各産業界の人やアーティストや一般参加者が集うので、オースティンはとっても混雑する。

sxsw small8.jpg

今年もいくつかの無料ライブパーティーに行ってきた。
SXSWでは、業界関係者やアーティストがうじゃうじゃしてるせいか、アーティストたちも「お客様のため」ではなく、身内を前に演奏してる感じ。普段とはちょっと違うライブの雰囲気が味わえる。新人アーティストたちは、レーベルの目に留まるように必死に演奏してるけど、大物たちは忘年会の余興で演奏するような気楽さ。

sxsw small 1.jpg
Graham Coxon。Blurのギタリスト。やっぱり、高校後期・大学初期に聴いていたUKは気になってしまう。Blurというだけで駆けつけた。彼は酔っててぐだぐだで、かなり力の抜けた演奏をしてくれた。

sxsw small3.jpg
好きな地元バンドの一つ、Del Castillo。踊れる熱いラテン。やっぱり楽しい!迫力あるツインギターにしびれます。

他にも観たけど、レポは割愛。以下は今年のSXSWの様子。

ライブハウスの連なるダウンタウンでは、あらゆる人たちが。
sxsw small7.jpg

sxsw small4.jpg
オーストラリアで有名というバンドが取材を受けている場面に遭遇。ほんとに有名なのかは謎。

sxsw small5.jpg
道の真ん中に特設舞台が。

sxsw small6.jpg
日が暮れるにつれ、増える人!有名アーティストの演奏のあるバーの前には、長蛇の列ができる。

sxsw small2.jpg
夜が更けても、町は静まらず。町中のライブハウスでの演奏は続く・・・。

posted by eiko at 07:42| Comment(4) | TrackBack(0) | Pastime | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月03日

今年のハロウィーン

は、ジプシーの占い師になってみた。いや、ただのジプシーかも。とにかく私のはかなり無難な仮装です。

halloween small 4.jpg
ハロウィーンの当日は金曜日だったけど、土曜日に友達の家のパーティーに。いつものお仲間とその友達がたくさん集合したのだけど、みんな仮装しているのでいつもと雰囲気が全然違う。

友人たちの仮装がかなりクリエイティブでおもしろかったので、ここにご紹介。

halloween small 2.jpg
カウガールに脅される、ハリーポッター。

halloween small 3.jpg
共和党副大統領候補のペイリン、アラスカ知事と、そのシークレットエージェント。ペイリンは完コピ。シークレットエージェントは、シャツの下に枕を入れて、大きなお腹を演出したそう。

halloween small 1.jpg
「百万ドルが当選しました」って、家に訪問に来るアレ。手には大きな小切手。

halloween small 7.jpg
みんなで入れ替わり立ち替わり、しつこいくらいに、「当選して喜んでいる人」の役をやった。

こちらは新体操の選手。
halloween small 6.jpg

halloween small 5.jpg
その人たちがみんな踊りだすと、ありえない光景が。


・・・おかげで今日は二日酔いたらーっ(汗)
posted by eiko at 08:50| Comment(6) | TrackBack(0) | Pastime | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月25日

バスケな水曜日

今学期に入ってから、水曜日に時々、中学・高校時代をほんのちょっと思い出すことがある。

理由はバスケ。水曜日に時々バスケをしているから。
バスケして汗かいた帰り道は、生活の大半を部活のバスケが占めていた、十代の頃の雰囲気やら感覚やら匂いやら。なんとなく思い出す。放課後毎日部活した後ヘトヘトで家に帰ってた時代があったっけ。そういえば。
なんて考えながら、水曜日は家路に着くことがある。もう一昔も前のことで、ほとんど忘れかけてたのに、変な感じ。

きっかけは、ある大学院同期の男の子が、今学期初めのパーティーでうちの相方にバスケの勧誘をしていたこと。色んな学部の大学院生を集めて、毎週バスケをしてるらしい。相方(185センチ以上)は、明らかに身長の高さだけで勧誘されていたのだけど、さほど興味はなさそう。
一方で、私はすぐに女子の参加も可能なのか知りたくなった。
今まで男子だけで毎週ずっとやってたけど、今学期からは「興味ある女子が結構いるから、男女混合でやるかも」とのこと。

てことで、最初に参加したのが今学期初め。
「女子もいるから」と聞いて行き始めたのだけど、聞いてた話とは微妙に違っていた・・・

だって。
女子は合計たったの2名。同じ学部の女の子と私のみ。後はみんな背が高くて大きな白人男子たち・・・
しかも、私以外の唯一の女子も、いかにもアメリカ人、って感じのがっしりした子。というわけで、私は明らかに最小・・・

頼みの綱のその女の子が来ない日もある。そうなると、女子一人という状況で試合。大きな白人男子たちに紛れてコートを走る小さいアジア人女子一名・・・。完全に罰ゲーム状態ふらふら傍から見たら、完全にコントな感じでしょう。。

まず、ゴール下なんて絶対不可能exclamationリバウンドなんてまず取れないし。跳んでディフェンスしても相当無駄だし。スクリーンかけても、私の二倍の大きさの身体にぶつかられた途端、フツウによろけるし。。
ゴール下に入ってジャンプショットやレイアップを時々狙ってみたりするのだけど、命中率が非常に低いのでたらーっ(汗)、もっぱら外からのミドルシュートを狙うことにしている。そしたら入るようになってきた。私でもちょっとは役に立ってる、、、かしら・・・?

なにしろ10年以上ぶり(!)だから、感覚も鈍りまくりだし、シュート率も下がりまくりだけど、みんなわりとゆるい感じでやってるので、そこは気が楽。でも、実はそろそろ空気を読んで、男子部からは離れようかとも考え中。今週は、友達のMなちゃんも来てくれたし(ありがと!)、他の女友達も来たがってるし、できれば女子部でやりたいなぁ・・・
posted by eiko at 12:11| Comment(4) | TrackBack(0) | Pastime | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月28日

カヤックな週末。

今日から新学期。ついにまた始まってしまった。
キャンパス内に漂う「新学期モード」。どこもかしこも学生だらけ。なんだか若い顔がより一層増えた気がする。。

kayaking small 3.jpg

新学期前の最後の週末である先週末、ダウンタウンの南にあるオースティン湖でカヤックをした。
大学院の友達に誘われていて、「行く」と返事はしてたのだけど、当日になってなんだか出かけるのがめんどくさくなって、もう少しで行かず終いになるとこだった。でも、行ってよかった!
私達のグループは、15人くらい。それぞれがボートを借りて、いざ水へ。中には、三人乗りを借りてた子たちも。

私はカヤックまだ二度目の初心者。でも、なんとか進むものです。
なんといっても、水からの景色は綺麗で、とっても気持ちいい!
kayaking small 1.jpg
漕ぎながら望めるダウンタウン。

しばらく漕いで行くと、Barton Springs poolに到達。川の一部がプールになっているというオースティン名所の一つ。
kayaking small 4.jpg
まだまだ暑いから、泳いでる人や木からジャンプしてる人たちがたくさんいた。

ボートから落ちてしまう人も続出。友達も次々と被害に。
kayaking small 2.jpg

近くてすぐに行けるしレンタル料も安いし、オースティン在住でまだやったことない人は是非。とても気持ちいいし、ちょっとした運動にもなるし。私もまた時々カヤックしに行きたいな。
posted by eiko at 15:29| Comment(5) | TrackBack(0) | Pastime | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月06日

やかとり?と花火。

今年の7月4日、独立記念日は金曜日。
この祝日は、各地で花火大会があるのが常。私も友達と4人でバーベキューをして花火を観にいくという、ベタなFourth of Julyを過ごした。

私は今回はラッキーなことに、特等席にて花火観覧。大学でたぶん二番目に高いビルの屋上にて観ることができたので、オースティンの花火だけでなく、北隣の町や南隣の町の花火まで、四方八方にたくさん花火が観れて、おもしろかった。
一人の友達の研究室がそのビルにあるので、その友達が持っている鍵にによって、屋上まで夜忍びこめたということ。
夜景も綺麗だったし、久しぶりだった花火もばっちり観えたし、友達に大感謝ぴかぴか(新しい)

ところで、バーベキューで焼くお肉、私は焼き鳥を用意。アメリカの日本食料理店にも焼き鳥がメニューにあったりするし、ちょっと馴染みがあるだろうけど、一応アメリカ人の口にも合うものを、と思ったので、レシピはアメリカのサイトから見つけたものを参考に。

だけど、実はそのレシピがつっこみどころ満載でびっくり。
まず、料理名がYakitoriならぬ、Yakatori。そして解説には、「Yakatoriに使われる肉は本来はビーフだが、チキンやポークでもおいしい」とか書かれてある。
いやいや。。焼き「鳥」やし!牛肉やったら「焼き鳥」にならんし!って思うのだけど。このレシピを書いた人(絶対アメリカ人)はどこで上記のような話を聞いたんやろ。。有名なレシピサイトだし、きちんと調べて書いてほしいなぁと思ってしまった。料理名からして間違ってるなんて・・・。

こんな小さなことでも気になってしまうのは、やっぱり自分の文化に関することだから。きっと他の文化のことだったら、「それくらいの小さい間違い、いいやん」とか思ってしまうのでしょう。
やっぱり自分の文化は正しく理解されたい、って思うんよねぇ。
posted by eiko at 14:21| Comment(4) | TrackBack(0) | Pastime | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月14日

原色ケーキ

先日、ダウンタウンのとあるお店で友達の誕生日をお祝いしたときのこと。
深夜12時を過ぎて、友達の歳が変わった瞬間、ケーキでサプライズバースデーバースディガールにも喜んでもらえたし、サプライズも成功したし、私たちも楽しんだし、大満足だったのだけど・・・

冷静に考えたら、このケーキってかなりすごい。。
Carla's b-day 009-small.jpg

Carla's b-day 044-small.jpg
丸いケーキの周りに、更にカップケーキが並んでいる・・・。一つ一つのカップケーキの上には、青と紫のホイップと"Happy birthday"のタグ。

日本の繊細で美しいケーキとは、センスが違いすぎ。
食欲を感じる色って、文化によって違うんだなあと改めて実感します。でも、こういうケーキを、今では普通に受け止めて、普通に食べることができるようになってしまってるんだけれども。。
ちなみに、この日のバースディガールはドイツ人。彼女もこのケーキを疑問視してなかったけど、ドイツのケーキはどんなんなのか、気になるところ。
posted by eiko at 04:12| Comment(6) | TrackBack(0) | Pastime | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月18日

29th

29回目の誕生日は、周りの素敵な人たちのおかげで、One of the best birthdaysだった。おかげで、29歳というオソロシイ歳になったショックを全く味わわずに済みました。

13日。
バースデー同じ大学院のプログラムに、同じ3月13日生まれの人が四人もいるので(うち教授一人)、近くのバー(Vivo)で当日、一緒にお祝い。同じ学科の友達や先生も何人か来てくれた。
002.JPG
26というのは、4人のうちで一番若い子の歳・・・。

バースディショット。テキーラ。
024.JPG

バーマンゴマルガリータ!
027.JPG

その後は、相方とJeffery'sというレストランで食事。とっても素敵なフレンチで、最後にはバースディデザートをサービスしてもらった。
食事もおいしいし、サービスもとてもいいし、このレストラン、オースティン在住のみなさまにはお薦めです。

でもこの時点で、最初のバーでのテキーラショットとマルガリータ2杯。その上このレストランでのワインが効いて・・・酔っ払い。。
 
‐‐
次の日の夜は、うちに大好きな友達をよんで、ちょっとしたパーティーを。

045-small.jpg 043-small.jpg

こんなケーキ用意してもらって、大感激。こんなの数年ぶりバースデー
036.JPG

来てくれたみなさま、どうもありがとうexclamation
posted by eiko at 01:18| Comment(5) | TrackBack(0) | Pastime | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月16日

今年のValentine's Day

は、Girls' night outでした。
相方とは付き合って4回目のバレンタインだけど、今まで一回も一緒に過ごしたことがない!いつもこの時期は遠距離。今年はカードが届いて、プレゼントも用意してくれていた。私は・・・何にもしてない。。だって、離れてるから関係ないと思ってたし。。アメリカでは、男の子が何かする日なんだから、いいよねぇ・・・。

ということで、カップルの日であるのにも関わらず、昨晩は女子だけでダウンタウンのオサレなバーに。
先セメ同じ授業取ってて仲良くなった子たちと久々に。私含め4人で、先セメは毎週誰かのうちに集まってGrey's Anatomyを観る会をしてたけど、クラスを一緒に取ってない今セメは会う機会がすっかり減ってた。久しぶりとあって、昨晩はテンション高め。

バー一軒目は、Cuba Libre。木曜の夜はマルティーニ+マニキュアで10jという、女子向けのイベントをやってるみたいで、お店には女の子のグループがいっぱい。なのに、うちらは誰もマルティーニを頼まず…。私が飲んだのはStella artois(最近お気に入りのビール)とモヒート。うちらの話題はもっぱら、ウェイトレスの女の子のピチピチの服と、見せすぎな胸の谷間の批判と感心。。ガールズナイトだもの…。

ビール二軒目は、Light Barへ移動。
最初何気なく、一人でギター弾きライブしてた女の子の演奏を聴いていたら、女の子の気持ちを真っ直ぐに歌っているその子の曲にみんなすっかりはまってしまって、ライブ後、その子も誘って一緒に飲むことになった。しばらく話した後は、同じバーの二階の80sナイトでずっと踊る。DJにThe Clashをリクエストしに行ったのに、お目当ての曲はかけてもらえず・・・。なんで??普通はRock the Casbahちゃう??それか、London Calling。

そんな感じで久しぶりに、夜中2時まで騒ぎまくった夜になった。ノリの似てる女友達との外出ってやっぱり楽しいー。お酒も2週間以上ぶりだったから、余計に!
今週末は、また違う雰囲気でのGirls' nightだから、それも楽しみぴかぴか(新しい)
posted by eiko at 18:08| Comment(15) | TrackBack(0) | Pastime | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月07日

日本での年末年始

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。
日本での年末年始は、やっぱりお酒率が高くって、絶対太った。。

年末は、大学時代の軽音同回での忘年会。難波にて。入学して10年たった今も変わらない仲良さと雰囲気がとっても落ち着ける仲間。朝まで飲んで、みんなで最後はラーメンでシメ。朝ラーメンなんて初めての経験!
それから、京都では毎年恒例の高校の同窓会。こんな歳になっても高校時代に戻れる瞬間。同い年ってなんでこんなに落ち着くの・・。なんとこの日も、幼稚園から高校まで一緒だった4人で帰りラーメン。。
男子がいると、飲んだ後ラーメンという発想が多くなるんだろか。。とにかくどっちの会もとっても楽しくて、ずっとずっと集まり続けたい大切な友人たちだと実感。

大晦日の日。岐阜にある祖母の家に行って、年越し。これも恒例。
家族みんなで飲んで年越し。多少飲みすぎる。。
お正月は手作りお節に、父親たちがついたお餅でお雑煮。いつもの伊奈波神社で初詣。いつものお正月の風景。
6歳と3歳の従兄弟たちと遊んで、童心に返る時間。ちっちゃい子はやっぱりかわいい。一言一言、おもしろい発言が飛び出すんだから、子供ってほんとに不思議!
兄弟同士の時間。兄弟三人で飲んで話すのって、お姉ちゃんとしては嬉しい。だって、幾つになってもかわいい弟妹たちだもの。酔っ払って弟妹に絡みまくる私と、途中で寝てしまう妹。二人ともダメ姉だったけど、世話してくれてありがとね、弟よ。
5日に岐阜を去る。別れ際の祖母の寂しそう顔が哀しくって、別れ難い・・・。おばあちゃん、いつもは広い家に一人で寂しいよね・・・。

5日はそのまま大阪梅田にてTEAMの飲み会。これも同い年の気の置けない仲間。次の日は、マイミクスーザンと神戸三ノ宮と元町のお店めぐり。かわいい雑貨屋さんとかが古い、なんとかビルヂング(名前失念。。)に入ってたりするなんて、神戸ってとっても素敵。


毎年思うことだけれど、やっぱりお正月は日本が一番。年末からのどきどき感とか、明けた後のだらだら感とか。新年の目標とかもいろいろあるけど、それはまたゆっくり整理し直すとします。
あと二日で日本を経つのだけれど、先生からたんまり課された仕事をまだほとんどこなせてない私・・・。楽しくない現実が待っていることでしょう・・・。
posted by eiko at 14:20| Comment(9) | TrackBack(0) | Pastime | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月27日

3週間の冬休み

一週間のミシガン滞在後、クリスマスの日にデトロイトから日本へ向けて出発。昨晩、実家に到着致しました。
今回は最長距離。。デトロイト→シアトル→成田→名古屋、そして名古屋から新幹線でやっと京都。それから宇治までまた電車。。
家に着いたのは夜11時前だったのだけれど、今朝は朝8時半からの学生ビザ更新の面接のため、5時半起床で大阪へ。。
在米領事館に8時過ぎに着いたのだけど、手続きはとってもスムーズで、9時にはすべて終了。すごく並ぶと聞いてたから覚悟してたから、拍子抜け。無事ビザが更新できそうで、よかった。
安心したので、そのまま今日は一日中大阪にてお買い物。こんなんだから、まだしっかり時差ぼけ・・・。


ところで、ミシガンでの一週間はとっても充実してていろいろ楽しくて、デトロイトピストンズの試合(対メンフィス)の観戦バスケットボールに行って、また大好きなビラップスのプレイを生で拝見したり(ほかの選手たちも好き)、前に住んでたイーストランシングに行ったり。イーストランシングでは、ネリーという友達んちに泊めてもらって、しばし当時の生活に逆戻り。以前よく行ってたバーに行ったり、モールに行ったり、パーティーをしてもらったり。
イーストランシングは大学町なので、夏休みや冬休みになると学生が実家に戻ったりして町を離れるため、人口が半減します。このときもイーストランシングはシーンと寒くって、いつも曇ってて、人が少なくって、ちょっとさびしそうだったけど、そんなこと関係なく楽しかった。きっと、懐かしい温かい人たちに会えたから黒ハート
この他にも、デトロイト方面でも友達にあったり、相方の家族にもまたよくしてもらったり。
寒い土地での、そんなまったり一週間。


これからの二週間も、ここ日本で、またまったり計画。勉強や仕事さえもくつろぎながら・・・。
posted by eiko at 23:26| Comment(10) | TrackBack(0) | Pastime | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月15日

Unexpected Visitors

先週は今セメ第一の山(だと思う)を越えたという感じだったので、週末はただただ一人おうちに篭ってゆっくり文献読んだり、ペーパーの採点したりしようと思っていた。
でも、家でゆっくりできる幸せを味わいつつも、誰にも会わないのも寂しいなあ(相方は日本逃亡中)・・・とも思っていた。そんな矢先。

それは、日曜の朝の突然の電話。
携帯が鳴ってるのに気づきながらも、まだ寝ていたので敢えて出ず。留守電にメッセージが残されるのを待つ。
その後、Voice messageを問い合わせてみると・・・
「ハーイ。今、妹の結婚式でサンアントニオに来てるから今日オースティンに行くんだけど、会えたらいいなー」とのメッセージ。予想外の相手でびっくりexclamation

電話をかけてきたのは、ミシガンで一軒家に四人で住んでたときのルームメイトの一人、Buttercup(もちろんあだ名)!
確か、秋に来るとは聞いてたけども、突然誘い出すにはあまりにも突然すぎる相手。だってかれこれもう3年ぶりくらいだもの。私、今週末が特別忙しくなくってよかったー。

ということで、期待は外れて、オースティンでイーストランシング時代の友達と会うというステキな日曜日に大変身ぴかぴか(新しい)
彼女の旦那とも久しぶり。まだ「彼氏」だった当時、彼は私たちの家に入り浸ってたので、ほとんどルームメイトだったようなもの。
最初は彼ら二人+Buttercupの従兄弟との4人で始まって、近況報告やら昔話やら。最終的にはオースティンに住むNateの叔父さんとその彼氏も加わって、たくさん話した楽しい数時間だった。ミシガンでの友達とここで会うのって、変な気持ち!

(ところで、Nateのこのゲイの叔父様、敬虔なクリスチャン一家であったのにも関わらずゲイということを高校生のときに気づいたとき、お父さん(Nateのお祖父さん)にストレートになるための施設に入れられたんだとか。そんな施設があったなんて!)

もういつ会えるかわからないと思ってた友人と時を経てまたこうして再会すると、記憶の中にあった昔の友人関係が、また別の新しい形となってリスタートするような感じがする。私、思いがけず、かなりのリフレッシュ度を味わって、リチャージされました!

こんな突然の訪問、どなたでもいつでも大歓迎です。ちょっとくらい忙しくったって、絶対時間作って会いにゆきます!
posted by eiko at 12:57| Comment(4) | TrackBack(0) | Pastime | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月10日

ぴあの

気分転換計画、第二段。
Yamaha P80 007.jpg
今セメはスケジュール的にはきついんだけど、久しぶりにピアノのレッスンを受けることにした。
クラシックもやるけど、今までちゃんと習ったことのなかったジャズやブルースが中心。
バンド時代に「コピー」して弾いてたブルースからは、なかなか応用が出来なかった。ちゃんと習って理解して、自由に弾けるようになりたいもの。ジャズは、難しく思えてトライしたこともなかったから、とっても楽しみ。

思えば、定期的に鍵盤を触らなくなって、しばらく経つ。
習ってたピアノを大学受験前にやめた後、大学ではバンドで愛用のシンセ、KORGのTRITONを触らない日はないくらいはまってた。下手なりにも。。ミシガンにいたときは、音楽科の練習ビルに忍び込んでは個室でピアノを弾いてたもんだったけど・・・。
オースティンに来てからは、来てすぐに買ったYAMAHA P80を時々弾くのみ。。ほんとはまたバンドで複数で弾きたいけど、とりあえずレッスンに行くことでまた弾く楽しみを再確認したいという魂胆。もちろんスキルアップももくろみ中・・・。

最近知り合った音楽科の大学院生が先生。スケジュールも二人で話し合ってフレキシブルに決められるし、勉強に支障はきたさせない予定。
ジム通い(ヨガ、ピラティス、ボクササイズ)も再開したし、これはストレスレスで笑顔なセメスターになるはずやでぇ・・・。
posted by eiko at 06:53| Comment(9) | TrackBack(0) | Pastime | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月11日

日本限定

日本でしかできないことをいくつか実行・・・

一つ目は、岩盤浴。
白濁の温泉に入った後、岩盤浴をした。
身体の奥から汗が出てくる。なるほど、日本で噂の岩盤浴は、肌がすべすべになって若返る感じで気持ちいいー。
日本滞在中あと数回行って、体内の毒を出し切ってやるっ。

それから、お寺訪問と抹茶!
三室戸寺で蓮と終わりかけの紫陽花を見たあと、「中村藤吉本店」で抹茶スウィーツ。
中村藤吉本店は、前回行ったのは2年前。
今は知名度がずいぶん上がって、やたらと拡大してしまってて、ちょっと残念。今度は伊勢丹にもオープンするんやって。宇治の地にしかないのが、よかったのになあ。。
でも、老舗のお茶屋さんの中村藤吉カフェのデザートは、白玉もアイスもゼリーも抹茶の味が濃厚で、相変わらずとっても美味。
夏にお庭を眺めながら冷たい抹茶デザートが楽しめます。

他にも日本でしかできないこと、まだまだ模索中・・・
posted by eiko at 19:56| Comment(10) | TrackBack(0) | Pastime | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月27日

Mount Bonnell

週末、景色のいいところへ行ってきた。
家から車で10分くらいの、Mount Bonnellっていう、丘。

レイクオースティンが見下ろせる。
IMG_3120-small.JPG 
反対側からは、オースティンのダウンタウンが遠くに。
IMG_3144-small.JPG 
こうやって見ると、オースティンって結構、緑が多い。

レイクオースティンの湖辺に並ぶおうちは全部、豪邸!
一軒一軒、自家用ボートの停泊場、ボートガレージがある。
IMG_3129-small.JPG
プロフェッサーの給料じゃ絶対にこんなとこ住めないねえ。社長か映画俳優じゃないとだめだねえ。
なんて話しながら、眺めた。

蒸し暑いけど、頂上で感じる風が気持ちいい日。

今週末は、日本。日本は梅雨真っ只中かな・・・。
posted by eiko at 10:22| Comment(4) | TrackBack(0) | Pastime | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。