2010年10月25日

自家製味噌ラーメン♪

こないだ日本から(現地、博多から)持ち帰った博多ラーメン(三食入り)。
シアトルの空港で、「ポークエキス」が入ってるとの理由で、スープだけ抜かれて麺だけに。。。
完全に博多ラーメンとしての意味を無くされてしまいました。
税関の職員は「ポーク」と「チキン」というカタカナだけ判別できるらしいです。
そんな人たちに、「生肉ちゃうやん」って主張しても無駄でした・・・。
そのわりに、麻婆豆腐の素は抜かなかった税関職員。
豚肉のひき肉っぽいの入ってるけど、「肉」って漢字は読めなったみたいです。

・・・ということで、めげずに自家製ラーメンスープに挑戦!
とんこつはさすがに無理だったけど、味噌ラーメンを作ってみた。

ramen 1.jpg


具は、豚のひき肉、ゆで卵、もやし、ねぎ、コーン。
最初にひき肉を炒めた中にスープの調味料を入れたことで、こくが出たみたい!

スープなし博多麺、無事救出☆

これからは、原材料名がカタカナ表記の品物は、アメリカに持ちこまないと決めました。


posted by eiko at 13:47| Comment(5) | TrackBack(0) | Food | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月14日

引越しその後とレバノン料理

ちょっと前だけど、8月31日にすっかり古いアパートも引き払って、無事引越しは済みました。

引越しの手順はこんな感じ。きっと普通よりは楽に済んだのかな。

7月初め。私は日本へ。
7月終わり。友達(後のルームメイト)の家の契約が切れる。彼女は留守中の私のアパートに荷物を運び込む。
8月14日。その友達は、他の友人たちの助けで、新しいアパートに荷物を運ぶ。ついでに私のベッドや机などの大きな物も運んでもらう。ちなみに私はまだ日本。
8月16日。私が帰米。新しいアパートへ。
その後は、一人で荷物運びしたり、友達に手伝ってもらったりして、全て運び終える。掃除をして、31日、引越しは無事完了。

古いアパートはすっかりこの通り。
room small1.jpg

こちらはリビング(だったところ)。
room small3.jpg
そして、ベッドルーム。
room small4.jpg
さすがに、4年も住めば、立ち去るのはちょっと寂しいもの。

そして、新居。久しぶりの、ルームメイトとの二人暮らし。
ミシガンでルームメイトと住んでたときは、
ルームメイト→友達
という感じで、住んだ後に友達になった子たちばかりだったけれど、今回住んでるのは、もともと週に2、3回は顔を合わせていた友達。
やっぱり気が合う友達と住むのはずっと楽しい。気が付けば2,3時間話し込んでしまうことが多いのはとても危険なのだけれど。。。

先週末は、引越しを手伝ってくれた友達(10人ほど)に感謝をこめて、ディナーにご招待。といっても、私の料理は大したことありません。

前菜。
dinner small 3.jpg
メインの後は、デザート。
dinner small 2.jpg
ルームメイトはレバノン系ドイツ人なので、レバノン料理とドイツ料理を、私は日本料理を作ったりして(すっごく簡単なサーモン手鞠寿司と肉じゃが・・・)、よんだ友達には珍しがって喜んでもらえました(たぶん)。

今週末は、クラブに激しく踊りに行ったので(別の友人の誕生日)、後は大人しく二人とも勉強。今夜はルームメイトが晩御飯を作ってくれて、二人で晩酌。
これはレバノン料理。カフタといんげん豆のお料理。パスタと一緒に炊いたご飯と共に。
small2.jpg
カフタはラムのひき肉を使ったお料理。パセリが入っていて、シナモンで味付けした後、オーブンで焼いてます。

手料理が食べれて、しかも楽しい友達との二人暮らし。
次回の週末は、私が代わりに日本料理を振舞う予定。何にすべきか悩めるところ。。
posted by eiko at 16:05| Comment(5) | TrackBack(0) | Food | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。