2008年05月14日

原色ケーキ

先日、ダウンタウンのとあるお店で友達の誕生日をお祝いしたときのこと。
深夜12時を過ぎて、友達の歳が変わった瞬間、ケーキでサプライズバースデーバースディガールにも喜んでもらえたし、サプライズも成功したし、私たちも楽しんだし、大満足だったのだけど・・・

冷静に考えたら、このケーキってかなりすごい。。
Carla's b-day 009-small.jpg

Carla's b-day 044-small.jpg
丸いケーキの周りに、更にカップケーキが並んでいる・・・。一つ一つのカップケーキの上には、青と紫のホイップと"Happy birthday"のタグ。

日本の繊細で美しいケーキとは、センスが違いすぎ。
食欲を感じる色って、文化によって違うんだなあと改めて実感します。でも、こういうケーキを、今では普通に受け止めて、普通に食べることができるようになってしまってるんだけれども。。
ちなみに、この日のバースディガールはドイツ人。彼女もこのケーキを疑問視してなかったけど、ドイツのケーキはどんなんなのか、気になるところ。


posted by eiko at 04:12| Comment(6) | TrackBack(0) | Pastime | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
チュッパチャップスかと思ったw

それにしてもそうか、バースディガールという呼び方があるんですなー。
Posted by 鉄人524号 at 2008年05月14日 08:06
うわぁ〜、華やかなケーキだね!
私は未だに着色料のケーキにちょっと抵抗感があるのよ〜ん。
普通に食べることが出来るエイコちゃんがうらやましいわ!
ほんとドイツのケーキはどんなのだろうね?
気になるわぁ〜。
Posted by れいこ at 2008年05月14日 12:36
すごい色やなぁ。
日本で言うところの祝いの席で出るカラフルな飾りかまぼこみたいなものなのかねぇ。普通の色をしたケーキも売ってるからハレとケの概念と同じなんだろうね。
そう考えると理解できる気がする。

でもやっぱり色彩感覚は違うよな。
食べ物に見えないw
Posted by dyzo at 2008年05月14日 16:09
うひゃ〜、スゴイね!!
海外の食べ物って何でこんなにカラフルなんだろうね?
お味の方はどうだったのかな?
青と紫のホイップ、黄色のクリーム...
色で味違ったりするのかな?興味津々w
 
でも、子供の頃に食べてた駄菓子って
こんな色してるやつもあったし、
その時は喜んで食べてたから不思議だよねw
味覚とか好みって変わるもんだよね。
Posted by T.Asai at 2008年05月14日 17:37
eycoちゃん、
久しぶり。
私どうもこの着色料ガンガンのケーキが苦手です。会社で誰かの誕生日とか必ず用意されるんだけど、食べるの滅茶苦茶苦しかったのを覚えてます。
Posted by sakie at 2008年05月15日 10:22
>524さん
そうですねー。この日祝った友人は、この日で30歳になったんですが、まだまだ余裕でガールです^^

>れいこちゃん
ほんと、このケーキ見たとき、玲子ちゃんの手作りケーキがほんとに恋しくなったんよ〜。
私はさすがに着色料のところははずして食べました。やっぱり抵抗あるよねぇ。

>Dyzoくん
なるほど。日本でいう飾りかまぼこかあ。考えなかった!でもたしかに、普通のケーキもあるから、これはお祝い用ってことなんやろうねえ。
それにしても、センスがすごいけどねぇ。。

>あさいちゃん
味はねぇ・・・ただただ甘い!!おいしい〜って感じではないよねぇ。
日本の駄菓子かあ。確かにカラフルなのもあったような。ピンクとか。

>Sakieさん
日本はどうだったですか?充実されていたようで、何よりです!

それにしても、こういうケーキ、やっぱり抵抗ありますよね!でも、人の手前、残すわけにもいかない・・・って感じで。私、さすがに着色料の部分ははずしたんですけど、中味は食べちゃいました。。すごいカロリーだったんだろうなぁ。。
Posted by エイコ at 2008年05月16日 06:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。