2005年10月31日

Halloweenの怖さ

毎週毎週の10ページ以上のペーパー攻撃のエンドレスさに、そろそろ嫌気がさしてきたので。
この金曜は、自分が教える授業と受けてる授業時間以外は、一切勉強しないことにした。
というのも、うちの大学院プログラムのハロウィーンパーティーがあったので。
つくづくパーティー好きなうちの学部。
個人的には、その方がいいんだけどもさ。
会場の学生の家に行ってみると、その本格的さにびっくりというか。
例の先生が、自分のDJ機器やらスピーカーやらスモーク焚く機械やらミラーボールやらを持参してて。
裏庭が完全にダンスフロアと化していた。
私はかなり適当な仮装だったけど、気合入れた仮装っぷりの学生やら先生やら。
とにかくまた、大勢がダンスフロアに集結して踊り狂うというパーティーになった。
先生と大学院生から成る、大量の仮装酔っ払い達。
その間の個人的酒の消費量。記憶なし。
大人のハロウィーンは、Trick or Treatなんていうかわいいものではありません。

ということで、翌朝起きたときには、どうやって家にたどりつけたのか、誰が連れて帰ってくれたのか、おぼろげな状態。
そして、付きまとうは吐き気と頭痛とぼやける視界。
しばらく体験してなかったレベルの久々の二日酔いで。
本当のハロウィーンの怖さが何かを実感したのだった。

大学院の仲間たちと一緒だと、自分より年上の人も多数で。
じゃあ私もまだまだこういうことやってても大丈夫なんやわ、と。
安心してしまいがちなのは、いいことなのかどうか・・・。
でも、土曜日に全く勉強ができなかったというのは、困りものかも。


posted by eiko at 05:44| Comment(0) | Pastime | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。