2005年10月03日

オースティンという町

夕日の綺麗な街だ、と思う。
オースティンは、晴れてる日が多い。
この週末も、川に映る夕焼けが見れた。
まだ100度くらい(摂氏40度前後?)の気温が続くオースティンは、天気が良くて外に出たくなる。

この週末は、相方のオースティン滞在最後の週末なので、ちょっとお出かけ。
土曜の夜は久しぶりに、6thストリートのバーに行った。
オースティンの週末の夜の5th、6thストリートあたりは本当にすごい。凄まじい。
なにかのお祭り?と思うくらいの人の多さ。
道に無限に並ぶバーに集う人たちのための歩行者天国。
道は間違いなく酔っ払いで埋め尽くされる。
店それぞれから聞こえるすごい音楽の量と、人々のはしゃぐ声。
にぎやかすぎる夜のダウンタウン。
しかも、10月あたまだというのに、外のパティオで飲めるのは気持ちがいい。
二階のパティオで景色を楽しみながら、ゆっくり飲むビール。
平日が凄まじい分、その幸せが余計に身にしみる。
って、なんかおっさんくさいかなあ・・・。

ランス・アームストロングのイベントもあった。
癌を乗り越えての7回の優勝経験を持つ自転車選手のアームストロングが、愛する街オースティンへの感謝を表わすお祭りで。
その婚約者シェリル・クロウもコンサートをしていってくれた。
二人は、お互いにそれぞれ活躍する場を持っている、本当にいいカップルだと思った。
癌を克服しての奇跡の七回優勝した本人を目の前にして、その強さを感じてジーンときた。
アームストロングは本当にオースティンを愛しているようで、何度もこの街の良さを語っていて。
私も、この街に来てよかった、と改めて思った。
イベントの帰り道はすっかり夕日が綺麗で。
私もだんだんこの街が好きになってきた、と思った。


posted by eiko at 13:16| Comment(0) | Culture | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。