2007年11月16日

知識の呪縛とシカゴの関係

自分が知っていることは、特に当然だと思っていることほど、他の人も知っているものだと思いがちだったり、自分が既に知ってしまっていることがあって、それを知らないという状態がどんなものかなんて想像できなかったり。
そんな経験は、きっと誰にでもあるはず。

そういう状態を、認知心理学ではCurse of Knowledgeといいます。日本語では、「知識の呪縛」と訳されてるらしい。

例えば高校のときの数学の授業なんかで、
「この先生、『わからない』という生徒の気持ちがわからないに決まってる!ちゃんと説明してくれないし・・・」
と感じたり、
自分では当然のこと、例えば、現代の日本人は普段は洋服を着て生活していることなんかは、だれでも知ってて当然のことで、まさか未だ日本人が全員着物を着て生活していていると思ってる人がいるなんて考えもしないものだったり、
そんなことがあったとしたら、その先生も自分の思い込みも全部、このCurse of knowledgeに囚われてるということになる。

私たちの日常生活はこの「知識の呪縛」に完全に侵されてるとひしひしと感じる場面は、ほんとたくさんある。
授業をするときでも、プレゼンをするときでも、論文を書くときでも・・・。自分自身が知ってることを人に伝える作業をするとき、それを全く知らないという状態に戻って、わかるように説明することはほんと困難。自分がもしそれを知らなかったら、これくらいの説明では理解できるはずがないのに、という程度の説明しかしてない自分に気づくことも多々。基礎となる知識、既にある知識との関連、そして応用・・・うまく人を理解へと導くのって、棘の道。。

今とくにこんなことを考えてるのは、実は学会の発表の準備中だから。以上のような理由につき、どんなに準備も重ねたつもりでも、「もう十分」という状態になった気がしないわけです。まだわかりにくいところがあるかも?と思って、何度も何度も確認して・・・。もういい加減、いいかなあ。。

そんなわけで、今日からシカゴ。発表は明日。
準備には時間だけはかけたので、今となっては発表はちょっと楽しみ。
そして、大好きなシカゴにいるので、テンションも高め。ミシガン時代はしょっちゅう来てたのに、今回はとても久しぶりだし!
シカゴブルース聴きにいって、グリークタウンにもいって、レイクミシガンの湖岸にも行って、買い物もする予定!!

再会もたくさん・・・。今日はまず、ミシガンステートのときの友達、ブリッタに再会。泊めてもらってます。
これから三日間もいろんな人との再会が待ってるので、とっても楽しみ黒ハート

とにかく明日。
満足のいく発表ができたらいいなーexclamation


posted by eiko at 17:34| Comment(9) | TrackBack(1) | Graduate student life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
シカゴは私も大好き!学会がreunionの場にもなる時って、いいよね〜。発表も、再会も、観光も、楽しんできてね!
Posted by como at 2007年11月16日 20:03
Eycoちゃんなら大丈夫!準備もあんなに早くからちゃんとはじめていたし。あとは自信をもって行くのみ!Audienceの一員としてSupportできないのが残念だけど、Austinより応援しています。がんばってね!

Curse of Knowledgeかぁ。納得、いいこと聞いたっ!
Posted by 彩依 at 2007年11月16日 22:24
シカゴで学会ってかっこええー。
Posted by masa at 2007年11月17日 00:35
Eycoちゃん、
いつもポワーンとしているEycoちゃんからは想像もつかないような真面目な文面。

学会の発表頑張ってね。
勉強ひと段落済んだら、鍋でも食べにおいで(笑)
Posted by Sakie at 2007年11月17日 01:55
あーえいちゃん見たかった…!!
仕事が結局抜けれなくてNCA行けなかったよ〜。
発表頑張ってね!!
Posted by 綾子 at 2007年11月17日 02:31
お疲れ様!
明日、弾けさすぞい!
あ、田中さんも行くことになりました。
Posted by かば at 2007年11月17日 10:35
いや〜すごいですね☆
確かに、僕も数学の時間とかそういうのを感じました。と言うことは、「常識」とか「価値観」というのも国によっても、地域によっても、また個人によっても違うわけですよね・・・
「こんなこと常識なのに、なんであの人は分からないんだ!」とか・・・(意味が違うかな?)

でも、そういった色々な「知識の呪縛」の中で、発表したり、分かり合えたりするeycoさんにあらためて感心させて頂きました。

がんばってください&素敵な時間を☆
Posted by ぼくのえん at 2007年11月17日 19:37
がんばってくださぃ!。 その知識の呪縛、私もよく感じるときがあります。とくに仕事場で。 療法士としても、それを自分で理解して対応するか大切だとおもいます。

発表おわったら、ばーんとシカゴ見物たのしんでくださぃ。
Posted by AYASE at 2007年11月19日 23:24
>Comoちゃん
ありがとー。シカゴいいよねえ。
Comoちゃんも今セメはたくさん学会行ってたみたいやね!!

>彩依ちゃん
練習のときには、アドバイスほんとありがとうね。とってもとっても参考になりました!
おかげで、なんとかうまく行ったよー。

Curse of knowledgeは、私も最初に習ったときにはなるほどー、と思ったのよ。周りを改めて見直してみたら、確かに存在するんよね。

>masaさん
masaさんとこは学会とかってあんまりないの?masaさんだったら発表とかそのうちどんどんしてそう!
それにしてもお久しぶり!!相変わらずお忙しいのかしら?学期が終わったら、ぜひぜひまた遊びましょ!

>Sakieさん
ありがとうございますー。なんとか終わりました!
鍋、ぜひぜひ食べに行きたいっ。

>綾子ちゃん
久しぶりー。会いたかったんやけど、お仕事やったのね!残念。でも、やっぱり相変わらず忙しそう!
ぜひ来年のNCAでは会えたらいいな。学校も頑張ってね。

>かばちゃん
やっぱり予想通りというか予想外というか。すごい一晩を過ごさせてもらいました。
とっても楽しかったよー。
またやろうね!!

>ぼくさん
そうそう、その通りなんですよね!!さすが理解が早いー。
「自分が常識だと思ってることは、他の人にとっても常識」と思ってしまう、ってことですよね。「なんでそんなこともわからないんだ!」って思っちゃうのが、典型的な知識の呪縛の例ですよねえ。。

ありがとうございます。おかげさまで、楽しんできました★

>AYASEちゃん
AYASEちゃんも学会やったんやね。音楽療法士として日々万進してる姿、遠くから応援してますよん!!
知識の呪縛、なかなか難しいよね。私も気をつけていかにわかりやすく教えたり説明したりできるかを模索中です。
Posted by エイコ at 2007年11月20日 16:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

( 認知心理学 )についての最新のブログのリンク集
Excerpt: 認知心理学に関する最新ブログ、ユーチューブなどネットからの口コミ情報をまとめてみると…
Weblog: クチコミコミュニケーション
Tracked: 2007-11-17 17:20
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。