2004年06月19日

Jazz

イーストランシングでは、この金曜は恒例のJazz Festival。
屋外ステージにて、ジャズバンドが4つほど演奏する。
ブリッタとクリスティーンと一緒に観てきた。
ジャズフェスティバル、とかいうと、2年前の高槻ジャズフェスティバルに出て野外で演奏したときのことなんかも思い出してしまった。インターソウル。
あっちの方が、規模もずいぶんとでかかったけど。
ここのも、アットホームで、すごいいいイベントだった。

私たちが観れたのは、最後のバンドだけで、これはラテンバンド。
観客は踊りまくり。
私もサルサは好き。踊れるようになれたら、と思う。
バンドの演奏もとても気合が入ってた。
ほんと、ラテンミュージックのテンションはやっぱりいい。
で、同時にラテンリズムの難しさに苦労した日々が思い出されて・・・。
といっても、うちらのときはラテンパートはちょっとだけだったけど。

その後は、まだ音楽に浸りたくて、ラビ、ハーシュも混ぜて、音楽演奏のあるバーへ。
今夜はちょっと昔のR&Bを演奏するバンドだった。
黒人ばっかりの、しっとり演奏。
ボーカルはそんなにいい、という感じでもなかったけど、バンドはとてもよかった。
私は実は、ブルースバンドやロックンロールなバンドでオルガンをピャー、と弾くのに憧れてるけれど、
こんなしっとりR&Bバンドで、エレピなんかをしっとりまったり弾くのもいいな、とか思えてきた。
またバンドで弾けるときが来ることを、切に願う気持ち。
こっちに来て、手元に楽器のない生活を送って早一年半。
何度楽器を買おうと思ったかしれないけど、やっぱり今夜も買いたい度が高まって・・・。
学校に行かなくても、家でいつでも弾けたらどんなにかいいだろう、って思う。
当たり前のときにはわからないものが、なくなるとこうも恋しくなるものなんよね。
とにかく、バンド演奏を聴いたら聴いたで、いつでも少なからずライブジェラシーを感じてしまう今日この頃。
だって、バンドで弾けるのって、本当に楽しいんやもの。
ほんっと、買おうかな・・・。
posted by eiko at 03:16| Comment(0) | Music/Concert | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。