2012年12月30日

2012年旅行記まとめ 〜2,3月アメリカ:ユタ州〜

2012年2月後半から3月前半まで、本帰国してから1年ぶりにアメリカに「里帰り」。
テキサスがもちろんメインの目的地だけれど、その前にユタとアリゾナに寄って、子供時代の思い出を追いかけるロードトリップをしてきた。

日本を出発し、まずはユタ州、ソルトレイクシティに降り立つ。
もう25年ほど前に、家族と2年弱住んでた町。
7年ほど前に、両親と祖母と旅行で再訪して以来の訪問。
SLC small 1.jpg

テンプル、変わってない。

この日は着いたのも夕方だったし、お約束、ブルワリーで地ビールを色々と堪能して終わり。

-----
次の日。南へドライブ開始。いよいよロードトリップ本番。
まずは最初の目的地、Arches National Parkを目指しました。
SLC small 3.jpg

こんな風に、ただひたすら、だだっ広い荒野に伸びる道も、25年前当時から変わらず!

そして、Archesに到着!
utah small 2.jpg


utah small 3.jpg


Landscape Arch
utah small 4.jpg


見渡す限り、色んな形した赤い岩が広がる。
utah small 5.jpg


そしてそして。
今回一番見たかったアーチ。
子供の頃の思い出として、このアーチだけははっきりと覚えていた。
そういえば、妹がアーチのだいぶ上の方までよじ登っていたっけ・・・。
arches small.jpg

utah small 6.jpg

思わずよじのぼって、そこから観た景色がこれ。
utah small 7.jpg

地球って広い・・・。

そのうちに日が暮れて、空が信じられないくらい色んな色の夕日になった。
圧倒されて、日が完全に沈むまで、ずっと空を見ていた。
utah small 8.jpg


そして。
次の目的地まで夜道を数時間、車を飛ばし、この日は終わり。
朝に備えて、ぐっすり眠りました。
----
朝。
Bryce Canyon。一番好きだった国立公園。
昨日のArchesとは一転して雪景色!
bryce small 1.jpg


こんな雪道をひたすらハイキング。
bryce small 3.jpg


bryce small 2.jpg

Hoodoosといわれる、こんなタワーのような岩が連なる。
何千年もかけて、自然とこんな形が出来ていった。
とてつもない長さの時間のと自然の壮大な力を感じずにはいられない。

最寄の町はこんな小さな、古きよき西部の独特な雰囲気漂う場所。
bryce small 4.jpg

アメリカは、地域によって雰囲気が全然違うのが魅力。こんな田舎町だから尚更。

----
そして、次の日。
また全然性格の違う三つ目の国立公園。
またもや25年ぶりの訪問の・・・
Zion National Park!
zion small 1.jpg


とにかく巨大な岩が山のように連なって聳え立っているZion。
すごい道をハイキングして登った。
zion small 2.jpg

どんどん景色が高くなって・・・
zion small 3.jpg

こんなチェーンを使って登るような険しい急な道を登り登りするうちに更に景色は高くなって・・・
zion small 4.jpg

zion small 1.jpg

zion small 5.jpg

柵も何も無い岩を更に登ろうとしたとき、さすがに雪が凍っていて足場が危険すぎたので(本当に年に数人が滑落してしまうほどの危険な岩道・・・)、引き返しました。
それでも、相当上まで、数時間のハイキングを堪能して、この日もへとへと・・・。

次の日は、車で更に山道を登ってから、またハイキング。
ごほうびには、こんな景色が!
zion small 7.jpg

zion small 8.jpg


こんな子たちにも会えた。
zion small 9.jpg


その後、堪能しまくったZionを後にした私たちは、ただひたすら、砂漠と荒野の中の道を進んで、アリゾナ州へと更に南下をしていったのでした。
zion small 11.jpg


zion small 10.jpg


(つづく)


posted by eiko at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Travel (U.S.) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。