2012年01月15日

9月のブータン旅行4 ガンテ

車(RV)Day4

ブータン4日目は、プナカのKhamsum Yueley Namgyel Choltenへのハイキングからスタート。

山道を登り、小一時間ほどで頂上の仏塔に到着。
small1.jpg


その仏塔のてっぺんで下を見下ろすと・・・
day4 small1.jpg

絶景!
青空の下に山と田園のパノラマが広がっていました。
day4 small2.jpg

朝からのどかな風景に癒される〜。

風景を楽しんだ後の下山中、山の中腹でマニ車をひたすら回し続けている、尼さんに会いました。
顔にたくさんの皺を作って、にっこりと笑ってくれるおばあさん。あまりにいい表情なので、ガイドのチミーが思わずカメラを向けています。
small2.jpg

80歳のおばあさん尼さんは、私たちが日本とアメリカから来たと聞いてもどこかわからないご様子。
飛行機で空を飛んで来たんだよ、とチミーが説明しても、飛行機の存在など聞いたこともなかったようで、飛ぶなんて信じられない、という表情をされていました。
毎日毎日、お祈りをささげながら、お経を唱えながら、このマニ車を回し続けているそうですが、「立っているのがつらくて」と話すおばあさん。チミーが次に来るとき、椅子を持ってきてあげるからね、と約束していたのが印象的でした。出会ったばかりの人にも家族のように接する・・・日本じゃあまり遭遇できない光景です。

その後は、聖地ガンテを目指し、数時間のドライブ。

途中で、ブータンの様々な表情を目にしました。

西ブータンの主要な町の一つ、ウォンディを通りかかりました。
山の上に、ウォンディ・フォダン・ゾンが見えます。
small3.jpg

高いところに建てられています。
day4 small4.jpg


ウォンディの町の様子は、こんな感じ。
small4.jpg

どの建物も古くてボロボロ。
実は、2011年中に2kmほど離れた場所に、町全体が移転されるそうで、住民たちは引越しの準備をしていました。
day4 small6.jpg


ちなみに、移転先(新市街)は、こちら。
新しい建物が理路整然と並べてあり、旧市街の面影はゼロ。
day4 small5.jpg

こうして、綺麗な町でより便利な生活が始まるわけです。
とは言え、長年住み慣れた場所を離れるのも、住民にとっては複雑だったのでは・・・。
ブータンの変化を垣間見ながら、ウォンディの町を通り過ぎました。

・・・
道中、またもや車が崖に転落しそうな恐怖を味わいつつ(運転荒いし、ガードレールないし!)、ポブジカ谷に広がる村、ガンテに到着。
標高3100メートル。
day4 small7.jpg

霧がかかっていて、神秘的な雰囲気。
small5.jpg

冬にはこのポプジカ谷に、オグロヅルという鶴が飛来するそうで、鶴は村のシンボルになっています。


この日の宿はこんな素敵なホテル。
オフシーズンだから取れたものの、オンシーズン中はすぐにいっぱいになってしまうそうです。
day4 small8.jpg


day4 small9.jpg

寒いので、薪ストーブを焚きました。ちなみに、9月。
・・・

この翌日、ガンテの村の様子や人々の暮らしを知ることになります。


posted by eiko at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | Travel (Asia) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。