2010年10月25日

自家製味噌ラーメン♪

こないだ日本から(現地、博多から)持ち帰った博多ラーメン(三食入り)。
シアトルの空港で、「ポークエキス」が入ってるとの理由で、スープだけ抜かれて麺だけに。。。
完全に博多ラーメンとしての意味を無くされてしまいました。
税関の職員は「ポーク」と「チキン」というカタカナだけ判別できるらしいです。
そんな人たちに、「生肉ちゃうやん」って主張しても無駄でした・・・。
そのわりに、麻婆豆腐の素は抜かなかった税関職員。
豚肉のひき肉っぽいの入ってるけど、「肉」って漢字は読めなったみたいです。

・・・ということで、めげずに自家製ラーメンスープに挑戦!
とんこつはさすがに無理だったけど、味噌ラーメンを作ってみた。

ramen 1.jpg


具は、豚のひき肉、ゆで卵、もやし、ねぎ、コーン。
最初にひき肉を炒めた中にスープの調味料を入れたことで、こくが出たみたい!

スープなし博多麺、無事救出☆

これからは、原材料名がカタカナ表記の品物は、アメリカに持ちこまないと決めました。


【関連する記事】
posted by eiko at 13:47| Comment(5) | TrackBack(0) | Food | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これが噂のスープ抜かれて友達にも「要らない」って言われた麺ですか。無事救出された様でよかったです。うまそうじゃないですか!

俺も原材料名表記には気をつけよっと。
Posted by sho-chang at 2010年10月25日 21:35
ご立派! とっても美味しそうじゃーん。 
でもさ、麺だけ残してスープ没収って悲しいね。 豚骨スープか。。。これは難易度高そうだね。
Posted by とこ at 2010年10月26日 06:48
これ本当に名作だったね。

激うまだったよね!!!
Posted by kumita at 2010年10月26日 13:04
カタカナだったんだねー。
あの人達が理解しているのって。
なるほどねー。あれ、パッケージを捨てて、
中身だけ持っていったらどうなんだろう?

うちのママは、前回うちに遊びに来てくれたとき、スンちゃんに、魚肉ソーセージをお土産に持ってきたらしいけど、ソーセージだから、魚肉でも駄目だと、没収されたらしい。肉無しでも、肉が入っていそうなものは駄目なのかな?基準が分からないよねー。
でも、お土産魚肉ソーセージって。て感じだけど。

ラーメンおいしそうだねー。
Posted by マユ at 2010年10月26日 23:03
>Sho-chang
そうそう、その麺です(笑)。
無事それなりに救出できてよかったよ。

>とこちゃん
スープとっちゃったら、ラーメンの意味ないよね。ほんま、トンコツが再現できたらいいのだけれど、それはさすがに無理だった。。。

>Kumitaちゃん
ね!うまく行ってよかったねー。
スープがなくて、逆にチャレンジ精神が湧いてよかったね。またご飯会しましょ!

>マユちゃん
実は、パッケージに肉肉しい写真があるので、カレーは外の箱から抜き出して持ち込んでたんやけど、逆に、原材料名が確認できないからだめ、って理由で没収・・・。なかなか相手は手ごわいっす。
それにしても、魚肉ソーセージ、くやしいね〜。魚なのに、職員はソーセージは肉、っていうイメージから抜け出せなかったんだろうか・・・。
お土産に魚肉ソーセージっていうお母様のセンス、ステキよー。
Posted by エイコ at 2010年11月01日 20:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。