2010年01月29日

かるちゃーしょっく?

気になるほどのことでもないと思いながらも、どうしても気になっている自分がいます。それは、気になってることがおもしろいとも、思ってしまうようなこと・・・。

私のルームメイト(非日本人)、私のお茶碗におつまみやお菓子を入れて使うんです。そのお茶碗を「ライスボウル」だと知りながら、ライス以外のものを入れることに抵抗がない、ということです。ルームメイトとはもちろん、食器類やキッチン器具系やリビングの家具など、お互いの物はシェア。その中で、一つだけその子が使用法を間違っているもの。それが私のお茶碗です。

でも、これは考えてみなくとも当たり前のこと。私たち日本人にとっては、お茶碗はご飯をよそうもの。というか、ご飯「しか」つがないもの。お茶碗の形を見ただけで、すぐに茶碗だとわかる。他のものを入れて使用したことなんてないし、むしろ他のものを入れようなんて考えもつかない。お茶碗がないときに、お汁用のお椀を代用することはあっても、お茶碗にお味噌汁はつがない・・・よね?

そういった感覚が他の文化で育った人にはなくてごくごく当然。例えば花瓶を初めて目にした人が、それを大きなグラスだと思うことだって、こっちからすればおかしいけど、当たり前のこと。それなのに、目の当たりにすると、やっぱりびっくりする。ルームメイトがお茶碗に他のものを入れていたことがまず第一のショック。そして、彼女にとってはそれは「他のボウル類と一緒に見える」ということを知ったことが第二のショック。。ルームメイトがお茶碗にフツーにピスタチオを盛ったりしているのを最初に目にしたとき、それに違和感を感じてる自分に気づいたとき、「はっ」としたわけです。

私たち日本人の「お茶碗=ご飯専用のお椀」の感覚がいかに強いか、ということ。当たり前だけど、当たり前すぎて気づいてなかったことに気づきました。。。

お茶碗にピスタチオを盛るなんて、私にとってはワイングラスで牛乳を飲むようなもの。それか、マグカップでビールを飲むようなもの?いえいえ、お猪口にソースを入れるようなもの?(気づけば例えがぜーんぶお酒関連・・・。。)

物に対する概念というのは、物を日常に使う生活の中、その生活がある文化の中で培われてゆくもの。それを改めて実感させてくれた、そんなルームメイトの一行動でした。


posted by eiko at 11:37| Comment(6) | TrackBack(0) | Culture | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
う〜ん。他の人の意見も聞いてみたいところ…。というのも、僕は日本人だけど、普通にお茶碗を他のものに代用するよ。

アイスクリームを盛ったり、ナッツ類を入れたり、味噌汁だって、ありっす。シリアルを食べたこともあるなぁ。

そもそも、お茶碗って、もともと抹茶を立てるためのものだから、ご飯を入れている時点で、間違っているような…。
Posted by もちころ at 2010年01月29日 13:21
たしかに!
ご飯茶碗にはご飯しか入れないや。
お味噌汁用の茶碗で納豆混ぜることはあっても、ご飯茶碗では納豆混ぜないしねw(←当然)
何かをよそう時に「適当な入れ物がないなぁ」と思っても、ご飯茶碗を使おうって発想は出てこないかな。
無意識的なことなんやろうけど、改めて指摘されると気付くねぇ。

例えが面白くて笑ったw
ワイングラスに牛乳...w
Posted by T.Asai at 2010年01月29日 13:41
げげっ

私、お茶碗にお菓子とかフルーツいれて食べてるッ(汗)

あ、でも、言い訳すると、、、(笑)
1。うちに皿の種類が少なすぎ。
2。で、丁度いいサイズの「ボール」がたまたまお茶碗になってしまう。。。

でも、確かに違和感がありつつ、使ってるんだー。なんか気分があまりのらないっつーか。ものを食べていても、ちょっぴり寂しい気分になるっつーか。それは、私にもきっと、お茶碗が、「ご飯を入れる容器」意外のものには、なかなか見えないからなんだと思う。

視覚や触覚(?)とかってさ、ほんとに、cultural でありcontextual であり。面白いよね!

今日は、折角来てくれたのに、すぐ帰っちゃってごめんねー。また近々キャッチアップしようね!
Posted by 彩依 at 2010年01月29日 13:50
私もお茶碗はご飯だけ、お椀は汁物だけに使うな。それ以外は使わないわ〜。 うちのマー君のお茶碗の活用ぶりを見てると、「どこからそういう発想が...」って愕然としちゃうよ(笑)でもお茶碗がお皿の1つにしか見えない彼には、しょうがないよね。(でもでも、内心、納得いかないんだよね〜。) 

あと、お箸とかもそう! My箸の感覚を理解しずらいみたい。 「これは私の箸、それはマー君の箸、残りはお客さん用!」って口を酸っぱくして言うんだけどな。 
あ〜あぁ。 

それから(どんどん出て来る!笑)以前、義理の母にすんごくかわいい湯のみをもらったの。 私の中ではすっかりMy湯のみになっていたのだけれど...、義理母がうちに来た時に、その湯のみで紅茶飲んでたんだよね。 文化の違いとは分かっていても、すごくショックだったわー。 
Posted by とこ at 2010年01月30日 03:38
日本人でも感じ方っていろいろあるんかな?

個人的には、みそ汁もスープカップやマグカップで飲むことが多いし。
私は「シュガーボウル」をお茶碗として使ってたわ。
お茶碗にピスタチオは、あんまり抵抗ないかも。

文化というより「家庭環境の違い」な気がしました。
Posted by aya_o at 2010年01月30日 03:39
実はみなさん結構お茶碗を色んなものに使ってるんですねー。びっくり。お茶碗の大きさにもよるのかな。

>もちころさん
お茶碗にアイスやシリアルですか?私的にはありえません!!
私のお茶碗、ご飯をあまり食べたくないので、結構小ぶりなんですよ。だから、シリアルとかも入らないかなー。やっぱり大きさにもよるのかもですね。

>もともとは抹茶を立てるもの
とは言え、今ではご飯をよそうもの、というのが普通だと考えると、時代や生活様式の変化とともに、物の用途も変わっていくんですねぇ。

>あさいちゃん
ご飯茶碗にはご飯だけだよね?やっぱり。
私も、お茶碗を他の食器の代用品として使おうという発想はないんだよね。「ご飯用の食器」というコンセプトが染み付きすぎてて・・・。

ワイングラスで牛乳とか、マグカップでビールとか・・・ありえへんやんねぇ??

>彩依ちゃん
視覚や触覚がcultural でありcontextual・・・ほんとそうだよね。他文化で生活してると、「こんなことまでCulturalだったのか・・・」って気付かされること、たくさんだよね。

またぜひ近々お話しましょー。

>とこちゃん
いろいろあるねー(笑)。
たしかに、My箸、っていう感覚はなさそうだね!こっちの人って別にフォークとかナイフとかどれでもいいもんね。でも、日本でだと、この柄のこのお箸はお父さん、これはお母さん・・・みたいな感じで決まってて、他の人のんを使う気にはなれないし・・・。「My箸概念」、気付かなかったよ!おもしろいーーー。

そして、湯のみで紅茶もありえへーん。マグカップで緑茶、はありえるのに。。湯のみがないから代用してる、って時は大丈夫だけど、お湯のみのように、入れるものがある程度決まってる、って感覚があるときに他のものを入れると、違和感なんだろうねぇ。だから、普通のグラスでワイン飲むのはよくても(ワイングラスがなくて代用してるだけだから)、ワイングラスでワイン以外のものを飲むのはだめなんだろうなー。

>aya_oちゃん
そうそう、逆はあるんだよね。私もマグカップやスープボウルにお味噌汁ついだり、てのはあるし、お茶碗をこっちで持ってなかったころは、小さめのボウルをお茶碗代わりにしてたし。専用じゃない器で代用するのは大丈夫なんだと思う。
その逆、お茶碗に何か別のものを・・・てとこに、私は違和感を感じちゃうわけだけど・・・。

ただ、やっぱりお茶碗代わりとしていつも使う容器がある、という時点で、ご飯を入れるための特別な容器が必要、という概念があるんじゃないかな、と思います。

家庭環境によって、多かれ少なかれ差異があるにせよ、ご飯を盛るための器が必要、という概念は文化的だよね。
Posted by エイコ at 2010年01月30日 04:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。