2009年09月09日

No media, no class?

新学期が始まって、早くも3週目ビル
今学期も先学期と同じく、とあるコミュニケーション学のクラスを教えさせてもらっている。先学期よりもだいぶ慣れて、かなり楽しむ余裕が生まれた感じ。とはいっても、これから採点やらが始まるとまたやっかいになるんだけど・・・。

学生も今のとこいい子たちが多いし、楽しく教えられてるのはいいのだけど、一つだけ困ったことが。
教えてるのは2クラス。午前中のクラスはいいのだけど、午後にある2クラス目が問題。というのも、教室にテクノロジーが一切ない
授業の要点はパワーポイントでスクリーンに映すし、ビデオやネットから例を見せることもしばしば。小テストはオンラインだし、オンライン教科書もちょっと使っている。ましてや、学生がプレゼンをしょっちゅうする授業だというのに、学生がパワポを使うことすらできない環境なんて・・・。

この21世紀の州立大学で、メディアがなにもない教室があることにびっくり!今更、メディアがない教室でなんか教えられない現代の講師・教授たちにとっては衝撃です。でもこれは同時に、いかに自分たちがパソコンなどのテクノロジーに頼りきってるかを示す反省点にもなるのだけど・・・。

チョークと黒板だけでシンプルに教えていた19世紀からの授業スタイルと、パワーポイントやインターネットを使っての現代の授業。
ハイテクだからと言って、必ずしも現代スタイルが学生たちの学習過程に有効だとは限らない気もします・・・。


*ちなみに、テクノロジーのない教室での対策として、プロジェクターとパソコンを教室まで毎回運ぶ、というのをしてます。セットアップにも時間かかるし、重いし、使える機器は限られてるし、ほんとツイテない。。


posted by eiko at 15:32| Comment(4) | TrackBack(0) | Graduate student life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ミシガンの日本語科は結構ローテクなんだよね。だから、教材や教具をたくさん教室に持っていかなければならない。

それでも、ミシガンの日本語の学生の方が日本語ができることを思えば、テクノロジーがなくったって、良い授業はできるんだなぁと思う。
Posted by もちころ at 2009年09月10日 10:48
今の授業ってパワポとかで写しながらやってたんやね。
たしかに書くよりは圧倒的に楽だし^^

でも、最近の技術に驚き!
オンラインテキストはともかく、
小テストまでオンラインでできるんや!
そりゃ全員PC持ってないとダメだねぇ。
 
日本の大学もそんなんやってるんやろか...?
オレの出身校の文学部とか、もろアナログ人間だらけやったから、
今でも絶対黒板に書いてそうやけどw
Posted by T.Asai at 2009年09月10日 11:52
うーん、個人的にはパワポの授業が好きじゃないので、正直、無いほうがええんでないかい?と思った。
黒板・ホワイトボードへの手書きのほうが講師側の自由度が増すし、あと学生側にノートを取らなきゃならない意識がつくのじゃないかと思うから(パワポだとオンラインにアップしろって要求がくるからね)。
でも、コミュニケーションの講義なら、ビデオをみせたいとかって時もあるのだろうし、手書きでいいじゃん、だけじゃ済まないのか。
Posted by makoto at 2009年09月11日 01:02
>もちころさん
語学のクラスは特に、実践が必要だから、パワポとかで見せるだけでは学生の力は付かないんでしょうね。
最近のUT日本語科のパワポ化は、学生にとってはいいんだか悪いんだか・・・。

>あさいちゃん
小テストはオンラインだから、授業中ではなくて授業外で課されるよ。だから、基本、教科書を見てもいい、って形です。
たいていの学生はパソコンを持ってるけど、持ってない学生でも、パソコンラボがあるしね。連絡ごともEメールで流すし、ネットへのアクセスがあることが前提になってるなぁ。
日本の大学も、最近は変わってきてるんじゃないかなー。もちろん大学院の授業とかだと少人数で黒板使って議論、とかが多そうだけど、大学生向けの授業は人数も多いし、パワポで映す方が、後ろに座る学生にも見やすいよね。

>Makotoさん
パワポの使用は、講師側が楽をすることが目的になってしまうと、ダメですよね。
ただ、学生の学習効果を広げる目的なら、マルチメディアな教室はいいんじゃないか、と思います。
聴覚で習う子もいれば、視覚で習う子もいるし、実践で習う子もいる・・・ということを考えれば、字や言葉だけの説明だけじゃなく、映像やグラフや図を見せたりするのは効果的ですよね。
後は、授業内容や目的にも拠りますよね。私が教えてる授業は、一回毎にカバーする内容が決まってるのと、カバーする情報量が比較的多いので、手書きにしてると時間がなくなる気もします。
Posted by エイコ at 2009年09月13日 17:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。