2009年09月05日

オープンステージ

オースティンには、1945年からもう60年以上も続いている、黒人音楽の老舗クラブ、Victory Grillというのがある。大物では、B.B. KingやBillie HolidayやJanis Joplinまでもが演奏したという場所。ほんとに古くて汚いハコなんだけど、市からも歴史的建造物として守られていて、オースティン黒人文化の象徴の一つでもあるそう。

そのクラブに今週、知り合いの人のバンド演奏を観に行った。その知り合いの方以外はみんな50歳以上だろうと思われるおじさんブルースバンド。そのバンドが何曲かを披露し、演奏が一通り終わった後。恒例らしく、バンマスがオープンステージになったことを告げた。オープンステージとは、客席から誰でも飛び入りでバンドに参加して、ブルースのジャムセッションをステージ上で繰り広げる、というもの。

客はぜんっぜんいなかったのだけど、私達のグループの一人で、ギター歴三十年以上、あらゆる黒人音楽に造詣の深い50歳くらいの方がいて、その人が早速参加。舞台に上がって、さすがのギターと歌の腕前を披露してくれた。まさにオーティス・ラッシュな感じ。すごい。

ところが、さすがだなぁと思って聴いていたその曲が終わった後、その方がとんでもない行動に。マイクに向かって、「ステージに一人、呼んでもいいでしょうか?」とか言い出し、私を指名。いきなり私はステージに上げられてしまった。そのままキーボード(ピアノとシンセ)の前に連れて行かれ、急遽私もセッションに参加することにあせあせ(飛び散る汗)

バンドで弾くのもステージで演奏するのも、もう5年ぶりくらい。ましてや即興演奏なんて・・・と焦った私は、そのバンドのキーボードプレーヤーのおじさんにピアノで残ってもらって、オルガンの方を弾くことにした。コードはまずはもちろんC(鍵盤奏者にとって、一番簡単なのはコレ)。その後はGで。演奏してるのは私の他にはおじさんやおじいさんとよべる歳の男の人ばかり。人種も白人・黒人・アジア人。まさに老若男女・多人種のステージのできあがり。

演奏が始まると、やっぱり私にもソロが回ってきた。ステージ上で5年ぶりくらいに、しかもいきなりの参加で即興演奏なんてとんでもない、と思っていたのだけど・・・始まってみるとこれがすっごい楽しいexclamation×2まずブルースであるということ、そして久しぶりのバンドでのステージ演奏に参加できたということ。すごい適当な即興ソロだったけど、ほんとちょっとの間だけだったけど、弾きながら気持ちが盛り上がって、本当に楽しかった!やっぱりバンドはいい!ブルースはいい!

気づいたら、キーボードプレーヤーのおじさんは客席に引き下がってくれていて、私はオルガンの方でなくピアノを弾いていた。結局、2曲ほど参加させてもらって終了。

こんな風に飛び入り演奏に参加できるのも、ブルースならではのこと。スリーコード12小節の単純なコード進行の中に、無限の可能性がある。曲の長さも自由自在。色んな即興演奏が生まれる。日本人の私なんかが、初対面の60代の黒人ベーシストや、白人の髭眼鏡おじさんドラマーと突然一緒に演奏することができる。こうしてブルースは人をつなげるんだ・・・とすら思ってしまった。

B.Bやジャニスが演奏したことがあるその舞台で弾けたというだけで満足!もっともっとたくさん練習しよう、と心に決めた、貴重な体験かつオースティンでの大切な思い出になりましたぴかぴか(新しい)


posted by eiko at 15:31| Comment(9) | TrackBack(0) | Culture | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
きゃーきゃー 読んでる私が大興奮!!!!
あーん これは絶対私も行きたかったなぁ。すっごく残念。でも、またeyco on stage見られる機会があるかなっ 楽しみにしてるね!

しかし本当にすごい。おめでとう!!!!
Posted by 彩依 at 2009年09月05日 23:35
今朝、えいこちゃんと五反田駅の歩道橋で待ち合わせしたのに、
えいこちゃんがなかなか来ないという夢を見たんだけど(笑)、
こんな素敵な体験をしていたとは!
いいないいなぁ。
多人種っていうところが、アメリカならではっていう感じで楽しそう。

また一緒にできるといいな。
Posted by aramiki at 2009年09月05日 23:54
楽器が弾けるのはほんとにいいですねぇ。
たまたま今日、バーベキューをやったんですが、ギターとウクレレを持ってきた人達がいて、いいなぁと思ってました。
なんか弾けるようになりたいな。
Posted by makoto at 2009年09月06日 02:07
すごーーい!!ホント素敵!!私もEiko on stageが見たいっ。こんどそのような機会があるときは、是非誘って下さい。
Posted by como at 2009年09月06日 02:35
ひさしぶり
まだ鍵盤弾いてるんやな
しかもすっかり本場のBluesやJAZZに傾倒か?
俺と知り合った時は普通の女の子やったけどなぁ。。。
俺も盆休みはやることなかったから
久しぶりにエレキ・ギターを持って
大阪のセッションバーを次々と三日連続で飛び込み訪問したわ。これも修行やな。
普段はすっかりアコースティックな人やけど,エレキも久しぶりにやると楽しいよな。
明日から何故かインドに行くことになった。
誕生日の9.11をタイで迎える羽目になった。
Posted by こにる at 2009年09月06日 21:53
>彩依ちゃん
ほんっと、お客さんは全然いなかったの。だから出来たんだよー。やし、ぜんぜんすごくないの〜。
でも、楽しかったよ!ちょっとでも参加させてくれたモトさんのバンドメンバーに感謝です。

>aramikiちゃん
久しぶり!
五反田の歩道橋で待ち合わせって(笑)。ありえなそうなセッティングがすごい!
そのくせ、なかなか私が来ないというところは、なんだかありえそうな感じ。。(笑)。

aramikiちゃんはまだバンドやってるんやんねー。きっとすごそう!!私はほんまにずっとやってなくて、もう全然ダメ。やりたい気持ちはあるんやけどな。みんなにおいてかれないように、一人で頑張って練習しなきゃ!
また一緒に是非やりたいな!

>makotoさん
ギターやウクレレって、ほんとどこにでも持ち運べるのがいいですよね。いつでもどこでも気軽に弾いてる人たちみると、うらやましいです。

>comoちゃん
ほんっと、たまたまだったからね・・・。そんな機会がまたあるのかどうか。。
そんな貴重な機会を与えてくれた人たちに感謝するばかり。
自身持ってどこででも弾けるくらい、上手になりたいな、って思いました。

>こにるさん
ご無沙汰してます!ほんとうにお久しぶりです。
ブルースに興味持ったのは、こにるさんの影響ですよー。大学一年のあのとき、こにるさんとバンドやって、ブルースの良さを知ることができてほんとよかったと思ってます。

大阪でセッションに飛び込み訪問なんて、さすがです!こにるさんのギター、久しぶりにまた聴いてみたいです。

それにしても、インドとタイですか。韓国担当から、変わったんですか?
お仕事とは言え、うらやましいです!
気をつけて行ってきてくださいね。
Posted by エイコ at 2009年09月09日 14:45
うぉー!スゴイやん!
そんな由緒あるハコでステージに立つなんて!
オレも何故か興奮しちゃったよ。

しかも2曲かぁ。
演奏始めたら、いろんな不安とか忘れた興奮状態で弾いてるんだろうね。
eycoちゃんの演奏、一度は聞いてみたいなー。
ホンマすごい経験できたね〜。
Posted by T.Asai at 2009年09月09日 15:49
Eycoちゃん、
凄いじゃーん。私も観たかったよ。
Posted by Sakie at 2009年09月10日 02:26
>あさいちゃん
ぜんぜん大したことはしてないのだけど、大物が立ったことのある場所でセッションに参加させてもらえたのが嬉しかったよー。
お酒も入ってたし、それで余計に興奮しちゃったのかもーー。。

>Sakieさん
お見せできるようなものじゃ、けっしてないのですけどね・・・。
個人で勝手に、楽しんでました。
Posted by エイコ at 2009年09月13日 17:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。