2009年06月29日

サンタフェ

ながーい週末。三泊四日でニューメキシコ州はサンタフェまで。
目的は、オースティンの友達KとJカップルの結婚式に出席すること。オースティンからずっと誰かと一緒だったから、帰ってきた今、異常にサミシイです。。。

‐‐
サンタフェは、その歴史からメキシコ文化(とそれ以前のスペイン文化)と先住民インディアンの文化が混ざる独特な町。建築物には規制があるらしく、町の建物は全部茶色で、ほとんどはこんなアドビ建築(あるいは、アドビ建築風の建築)。
santafesmall3.jpg

santafesmall4.jpg

古くて歴史がありながらも(アメリカの中では古い)、かわいくこじんまりとした町です。

芸術の町としても知られるサンタフェには、幾つものギャラリーが立ち並ぶ芸術通りが。
santafesmall5.jpg

santafesmall7.jpg

ギャラリーへの入口も、一軒一軒がこんな風にアート。

ニューメキシコ料理も、もちろん堪能。鴨肉のケセディアやナバホタコス、どれもすごくおいしいレストランテキサスのメキシカン(TexMex)よりも軽めで、マルガリータやサンタフェビールにもよく合うバーこの旅行中、結婚式のレセプションも含めて、特にマルガリータは何杯飲んだかわかりません。。

結婚するKの実家があるロスアラモスという近郊の町も訪問。おうちにも一泊させてもらった。ロスアラモスは国立研究所がある科学者たちの町で、高学歴の富裕層が多いのだとか。第二次大戦中、原爆が開発されたマンハッタン計画の拠点がここ。日本人としては訪問するには複雑な気持ちになる町でもあります。

高所に位置するロスアラモスで山頂からの絶景を拝むため、ハイキングも。残念ながらカメラを持参するのを忘れたのだけど、この景色はその後サンタフェに戻る道中で撮ったもの。
santafe small1.jpg

赤茶色の岩が、モニュメントのようにずっと連なる。
santafesmall2.jpg


ロスアラモスでは他に、友達Kの実家でのウェディング(ランジェリー)・シャワー(女の子だけの、花嫁の結婚祝いパーティー)にも出席。
santafesmall6.jpg

Kのおうちのお庭で、家族、親戚、友人で女性限定。花嫁へは、みんなからたくさんのセクシーランジェリー(下着)をプレゼントするのがお決まり。中には、花嫁と花婿の両方のお母さんもいる前でプレゼントを開けるKが、さすがに戸惑いを隠せない程のセクシー下着も。花婿のお母さんは、最後の方、無言になってたような。。。

そして、土曜日。メインの結婚式ぴかぴか(新しい)
オースティンでたくさんたくさん楽しさを分けてくれた大好きな二人の結婚なので、それはもう素晴らしくって、式では涙ぐみ、レセプションでは踊りまくり、その後、新夫婦のホテル部屋でのアフターパーティーでは疲れも知らず遅くまで話をしたりして、朝の4時くらいまで満喫させてもらった。翌日の帰りの飛行機では、友達と二人、爆睡したのは言うまでもないけども。。

‐‐
結婚した二人は、旦那さんのポスドクのためもうじきミュンヘンに引っ越してしまう。楽しい週末の後の別れはとても寂しかったけど、ドイツに行けるいい口実ができたということを喜んで、「またね」と言って敢えて軽くお別れ。ステキな町でのステキな結婚式で、幸せを分けてくれて、どうもありがとう黒ハートドイツへは、来年の学会で行ける予定・・・なので(だと良いのやけど!)、そのときが楽しみ。


posted by eiko at 14:58| Comment(5) | TrackBack(0) | Travel (U.S.) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
> ほとんどはこんなアドビ建築(あるいは、アドビ建築風の建築)。

へえ、「アドビ」って建築様式のことなんですか。あのPDFのアドビはそこから取ったのだろうね。
にしてもかわいらしい感じの町ですねぇ。いいなぁ。
Posted by makoto at 2009年06月29日 19:47
>makotoさん
PDFのアドビって、アドビ建築からとられた名前なんでしょうかねぇ。確かに、他で聞かない単語ですよね。

サンタフェは小さいけど、とてもかわいい町でしたよ!歴史があって、色んな文化が融合・混在するおもしろい場所でした。
まことさんも機会があれば、ぜひ行ってみてくださいねー。
Posted by エイコ at 2009年07月01日 03:04
あぁぁ 羨ましい景色の数々!
結婚式の旅行って、それだけでいっぱいになっちゃうことも多いと思うけど、eycoちゃんは相変わらず、普通の人の何十倍も楽しんで来たようだね♡

その友達ご夫婦とは来年ドイツで会えるじゃん!ドイツに行く楽しみが増えたじゃぁ〜ん♬ 

それにしても、やっぱりサンタフェっつったらヌード集よね!次回行くときは、是非実現したいと思っている大島30歳。おほほ
Posted by 彩依 at 2009年07月01日 10:57
タイトルから、法律改正で宮沢りえのあの写真集が違法になるかもという話題だと思ってページを開いたら…。

僕もいつか行ってみたい町、サンタフェ。ジョージア・オキーフの美術館へ行ってみたいんだよね。
Posted by もちころ at 2009年07月01日 11:12
>彩依ちゃん
そうそう!ドイツ行けることになったよねー。楽しもうね!!
今からかなり楽しみです。

サンタフェって、私もやっぱり宮沢りえ写真集を連想させちゃう。。彩依ちゃん、ところで次回行くときは実現したいって、なに???ヌード写真に??

>もちころさん
私も、このエントリーを書いた後で、宮沢りえの写真集の件がニュースに載ってるのをみて、なんでこのタイミングで・・・って思ってたんですよね。タイトル変えようかな、とも思ってたのに、そのまま放置してましたけど。

オキーフの美術館、私も気になってたんですが、結局時間の関係で行けずじまい。
いけなかったとこが多いので、またぜひ訪れたい町です。
Posted by エイコ at 2009年07月03日 03:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。