2009年05月01日

初オペラ!・・・の前のトラブル

先週末。メゾソプラノ歌手の友達が出演しているオペラを、市の劇場まで観に行ってきました。人生初のオペラ!わくわくしながら、とっても楽しみにしていた。

それなのに、その前に大失敗たらーっ(汗)

その日、急ぎつつ友達とともに劇場の駐車場に到着。事情があって、車を停めた頃はオペラの開始時間ギリギリ。その前に事情があって違う場所に停めた後、やっとその駐車場に到着したところだったので、私も友達もかなり焦り気味だった。とにかく、時間もギリギリだし、すぐにでも車を出て、劇場に向かいたかった私たち。急いで駐車して、共に車外に出た。

ところで、私の2000年製カローラちゃんは、オートロックではなく、鍵は手動というローテク仕様。だから、私はドアを開けたらすぐに手動でロックをしてドアを閉めるというのが常。
このときももちろん、同じように車を停めた後ドアを開け、鍵を閉めて、ドアを閉めました。とにかく急いでいたから、「早く車から出て劇場に向かわなきゃ!」ってことのみを考えていた私。

・・・そしたら。

ドアを閉めて車外に出て、車の後ろを回ったとき、車のライトがまだ付いていたことに、気づきました。

なんでまだ付いてんの?って思ったのはつかの間。さらにすぐに気づきました。
・・・しまったあせあせ(飛び散る汗)!って。。

なんと、エンジンがまだかかったまま。
鍵をかけた車のエンジンが、まだかかったまま・・・。

つまり、鍵を抜いてエンジンを止めるのを忘れてそのままロックして車外に出てしまった私・・・。
急ぐあまりに、エンジンを止めるという肝心の行動を忘れてしまっていたということです。

あまりのことに、しばらくは「信じられない」としか言えず・・・。

隣でたまたま同じときに車を駐車した人が、「エンジンかけたままロックしちゃったのー?」と笑いながら私たちを通りすぎていく。
余計なお世話だっ!

とりあえず、「信じられん」を連発しながら保険屋に電話して、助けが来てもらうのを待つこと30分弱。急いでるときに限ってこういうことが起こるもの。オペラはとっくに始まってたけど、友達は私のために一緒に待ってくれた(涙)。
その間、車のエンジンはかかりっぱなし。時にオーバーヒートするのを防ぐためか、「ボォォーッ」ってすごい音がなる。
ごめんね。カローラちゃん。。

・・・30分後。保険屋さんから派遣されてきた助っ人さんが来てくれて、やっと鍵を開けてもらう。無事にエンジンを止めることができたときには、命を救ってもらったような気持ちになりました。「今日、エンジンかけたままロックしちゃった人は3人目よ」とのこと。こんなバカなことする人が私だけじゃなくって、とても安心しました。ありがとうぴかぴか(新しい)


その後観たオペラは、途中からだったけど、それでも十分感動。フランス語なんだけど、舞台の上の電光掲示板にに英語訳が表示される。
DIALOGUES OF THE CARMELITESという、フランス革命が舞台の、修道女たちの話。友達は修道女の一人で、ソロこそはなかったけど、ずっと舞台に立ってた。衝撃的な結末を迎えるという、オペラ初心者にしては、暗ーいお話。でも、オーケストラと劇とのコラボにはとっても感動して、最後は涙が出そうだった。


今度は、是非是非是非、最初から観れるようにしたい!



posted by eiko at 16:54| Comment(6) | TrackBack(2) | Pastime | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あちゃ〜。ホンマ焦ってたんやね。
普通やったら「考えられへんミス」だもんね。
それは災難やったねぇ。

オペラは生オケやからいいよねっ。
オレもミュージカルで生演奏のを見たことあるけど、
やっぱ迫力が違ったわ!

でも、暗ーいお話は眠くなっちゃう...
Posted by T.Asai at 2009年05月01日 19:30
おひさー。
そういうことって急いでる時に起こるよな。1日3人もそんなヤツがおるってどんなとこやねん!でも割と早く解決してよかったね。

確かに生オペラは素晴らしい!話わからなくても感動できる。シンガポールはエンタメ砂漠だからライブも含め舞台モノに飢えてます。。
Posted by やっさん at 2009年05月01日 23:47
Eycoちゃんの話の方がよっぽどオペラだ!(笑)

私も一度ではなく、二度三度、同じことをしたよ.一度、友達の結婚式でエンジンはかかっていなかったものの、鍵を中にいれたまま車をロックしちゃったことがあってね.焦っていたところ、新郎の友達がハンガーか何かを使って、ドアを開けてくれました.勿論、その彼がかっこよく見えて、その後一緒に披露宴で楽しく過ごし、電話番号を交換して別れたことがあったなぁ・・・ 結局一度もお互い電話することはなかったが(汗)

つか、隣に車止めた人たち、笑いながら過ぎていくだけって・・ 酷すぎないか?助けるか、気づかないフリ、が妥当じゃないのか?
Posted by 彩依 at 2009年05月02日 04:01
すごいおもしろーい。
めちゃ、ひとりで笑ったよ。
緊張の30分間だったね。
Posted by kumita at 2009年05月02日 09:31
そういう事ありますよね。俺の知り合いで、アパートに車で帰ってきて、鍵を抜いて手動のロックを押し下げた後、なぜか車の鍵をシートに放り出してからドアを閉めた奴がいます。当然もう車のドアは開きません。家のまん前だけど、スペアーキーを取りに行くとかもできません。だってスペアーを別けておいておかずに、一緒にしてたから(アホ!)結局、eycoさん同様、保険会社に電話して、ガレージの人にきてもらって、20,30秒であけてもらいました。その作業より、書類へのサインと50ドル!の支払いの方に時間がかかった。うう、思い出すと、泣きそうです。でも、俺ではありません。同姓同名の別人ということにしていますので、お間違いなきように。
Posted by makoto at 2009年05月02日 16:16
>あさいちゃん
ミュージカルもいいよね。私もミュージカルみたときもその迫力に感激したよ。今回のオペラは最初から最後までゆっくりでほんとに暗いの・・・。最初はちょっと眠くなっちゃったんやけど、最後の方はよかったよ!

車に関するミスは、ほんと自分で自分にびっくりしました・・・。急いでるときに限って・・・。

>やっさん
お久しぶりです!なんだか咳が続いてはるとか?体調、大丈夫ですか?

ところで、こういうことはほんと急いでいれば急いでいるときほど起こるんですよね。自分にほとほとあきれました・・・。

シンガポールはエンタメ砂漠なんですか?それは辛いなぁ。。

>彩依ちゃん
私も実は鍵いれたままロックしちゃったのは初めてじゃないんだけど、エンジンかけたまま、っては初めてで、さすがに驚いてしまいました。
ところでさえちゃんがロックしちゃったとき、その友達の人がハンガーで開けちゃったの?そんな技術ちょっとなんで知ってるん・・・、って感じじゃない?(笑)。まあ、困ってるときにそんな風に助けてもらったら、確かに恋に落ちそうになるかもー。まぁきっと、そのときその後何もなくてよかったんだよ!案外普通の場面で次会ったらそんなにかっこよくなかったかもだったりして?

隣に停めた人は、ちょっとねぇ。。笑うなんて、余計なお世話だよねー。

>Kumitaちゃん
かなり長く感じた30分やったよ・・・。なんしか車は動き続けてるからね。なんど窓を割ってしまおうと思ったことか・・・。
Kumitaちゃんも気をつけてね。

>makotoさん
まるで自分で体験したかのような細かい描写ですねぇ。まあでも、まことさんのお友達のお話なんですよね??
スペアキーを一緒につけてたら、スペアじゃないじゃないですか!!って、まことさんじゃなくてお友達の話でしたねー。
Posted by エイコ at 2009年05月03日 14:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

サービスエリアでヤッてきたwwww
Excerpt: 今日のお客さんは外でやるのが好きらしくて、サービスエリアのトイレや渋滞中の車の中でなかだしふぇらちお普通にやってお礼に30マンもらったしwww → sersai.com
Weblog: 前ばりたかふみ
Tracked: 2009-05-04 03:25

サービスエリアでヤッてきたwwww
Excerpt: 今日のお客さんは外でやるのが好きらしくて、サービスエリアのトイレや渋滞中の車の中でなかだしふぇらちお普通にやってお礼に30マンもらったしwww → sersai.com
Weblog: 前ばりたかふみ
Tracked: 2009-05-05 03:55
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。