2009年01月25日

教室と学生たちと私。

オバマ新大統領が誕生して、アメリカが湧き立った一週間。
うちの大学では、新学期が始まって、キャンパス中なんだかせわしなかった一週間。
そんな今週は、新しく教えることになったコミュニケーション学の授業が開始したりして、私にとってもちょっとドキドキの一週間だった。

全く自分一人でクラスを受け持ついうのは、実は今回が初めて。日本語を教えてたときも、教授の授業のTA(ティーチングアシスタント)をしてたときも、一人でクラスを担当してたのではなかった。代講をしたこともあるけど、ゲストという立場なんて気楽なもんだった。今回初めて「担当講師」の欄に自分の名前が入り、授業内容を考えたり、教えたり、成績をつけたり。権限は全部自分にあるこの自由さと責任の重さ!

「プロフェッショナル・コミュニケーション・スキル」と題されたそのクラス。その担当講師は、全くプロフェッショナルでもなく、スピーチが得意なわけでもなく、コミュニケーション能力が優れているわけでもない。しかも、リーダーシップ力、ゼロ。気が利かず、人の世話をするのも苦手。

始まる前は「ほんとにいいんかしら」「大丈夫かしら」とか思ってたりしたのだけど、実際始まってみたら、予想外。「コミュニケーション」について話しだしたらおもしろくて、ベラベラと色んなこと話してしまう。自分の学んだことや興味を人に伝えるのって、実は楽しいのかな。

学生にも恵まれたかもしれない。授業中に質問を投げかけたら、幾つも手が挙がる。初日にジェスチャーを使って自己紹介、というアクティビティーをしたら、クリエイティブなジェスチャーを使って自分の趣味を説明してくれたり。頭柔らかそうな学生が多そう。大学院生が二人いるんだけど、まだ何も知らない一回生なんかには、いい刺激になっていいのかもしれない。

教えるのは興味ない好きじゃない向いてない、学生の相手なんてめんどくさい、と言い張ってきた私。確かに、世界で一番興味があることではないかもしれない。でも、もしかしたらそう悪いことでもないのかも、と思い始めている。

まだ一週間目なのに、気が早いかな。後に、成績にいちゃもんつける学生が登場して、嫌にならなければいいけど・・・。


posted by eiko at 01:38| Comment(6) | TrackBack(0) | Graduate student life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんかえいこちゃんの気持ち
めちゃ伝わってきたわー!
えいこちゃん、人の気持ちわかるし、
先生に向いてるとおもうよ。
でも、成績の攻防怖いね。
がんばれー。
いろいろ教えてね。
今度ご飯いこー。
メールします。
Posted by kumita at 2009年01月25日 06:51
えいちゃんの日記読んでて、私もー!と思いました!
私も補習校で子ども教えるなんて思ってもみなかったけど、教えるなんて一番苦手だと思ったけど、案外楽しんでます。教える立場になって学ぶ事多い!!

えいちゃんのコムの授業受けてみたいなー♪
Posted by 綾子 at 2009年01月25日 08:23
プロフェッショナル・コミュニケーション・スキル

この題名で授業教えるの、かなりのプレッシャーですね。。。
どうしよ。。。
Posted by imai at 2009年01月25日 13:20
>「コミュニケーション」について話しだしたらおもしろくて、ベラベラと色んなこと話してしまう。自分の学んだことや興味を人に伝えるのって、実は楽しいのかな。

でしょ?講義は楽しいんですよ。勿論、生徒とのインタラクションがちゃんと取れないとつらいですけど、えいこさんはちゃんと取れているみたいですね。でも、ただ楽しく話しているだけだとスケジュールを守るのが難しくなるし、スケジュールを守ろうとすると生徒とのインタラクションが取れなくなってくるし。そこら辺のバランスが難しいですよね。
Posted by makoto at 2009年01月25日 13:45
よっ 先生!
始まりましたね〜❤

Eycoちゃんみたいに優しく可愛くスマートな先生に、学生がついてこないはずがない.

とにかく、先生を「する」ことを、お互い頑張りましょ!
Posted by 彩依 at 2009年01月26日 10:13
>kumitaちゃん
私ほんっと人の面倒見たりとか統率したりとか指導したりとか、そういう「あねご的」性質からはかけ離れすぎてるので、先生には向いてないんよー。日本語の時でも、学生にびしばしできなかったし。。
でも、自分の知識を自分の言葉で伝えられるっていうのは、嬉しいかな。

ご飯いこ!またたくさん話聞きたいよー。

>綾子ちゃん
お久しぶり!書き込みどうもありがとう!
綾子ちゃんは補習校で教えてるんだったよね。綾子ちゃんって常に色んなことやってて、ほんとエネルギッシュだなぁ、って思います。
それにしても、子供相手ってのは大変そう。大学生相手とは全然違う難しい要素がたくさんありそうだし、ちゃんとやってるの、すごい!私には子供をまとめる自信ないわー。
綾子ちゃんのように、元気な先生だったら、子供たちも楽しんで授業受けてそうだね!

日本語教えてたときも思ったけど、教える立場になって学ぶことって、ほんと多いよね。自分も学生から学ぶんだ、っていう姿勢で挑んでいきたいな、って思ってます。

>imaiくん
プロフェッショナル、って付くとちょっとね。。。なんかすっごいスキルを持った人が教えてるイメージだよねぇ・・・。

でも、やっぱり私たちは大学生たちよりも、少なくともコミュニケーションのことは「知ってる」んだと思うし、授業の内容考えたりしてるときにちょっとずつそれを実感したりするよ。
コミュニケーションを学ぶ楽しさをわかってほしい、って気持ちでやれば、imaiくんにも絶対できるよ!私もできるように、頑張らないと。。。

>makotoさん
makotoさんの日記読んで、講義を楽しいって思えるのってすごいなぁって思ってたんです。でも、今回は初めて自分の言葉を伝えられるっていう楽しさを私も味わえる気がしてます。

確かに、時間配分は難しいところですよね。授業って学生とのインタラクションの上で学生と一緒に作っていくものなんだろうけども、マテリアル全部カバーできなかったりってことがないようにしなきゃ。。

>彩依ちゃん
彩依ちゃんにはほんっとお世話になってます。今回このポジションがもらえたのも、彩依ちゃんのおかげだよ。ほんとにほんと。いつもどうもありがとう!
彩依ちゃんが、「自分のクラスを持つと気持ちが変わる」って言ってたけど、ほんとそうだと思いました。「どんな授業にしようかな」って考えるのも、楽しくなるね。たぶんこれから楽しくないこともたくさんあって、そのときにまた彩依ちゃんに相談しちゃうこともあるかもしれないけど、またどうぞ宜しくです!!
Posted by エイコ at 2009年01月27日 13:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。