2008年10月13日

元気をあげる側=もらう側

授業の雰囲気は、先生で決まる。

と、信じて、最近特に心がけていることは、元気でいること。
とにかく大きな声で話し、はきはきすること。時には微妙に受けを狙ってみたり?(こういうのは得意分野じゃないのであくまでちょっとだけ)して、クラスの雰囲気を盛り上げること。でもやたらニコニコニヤニヤ笑いすぎないこと。笑いすぎると、却って自身なげに見えたり「しっかりした先生」らしさがなくなってしまう(これは最近、とあるコミュニケーションの授業を代講したときの自分の様子をビデオで見て、気づいた。。)。
先生がぼそぼそしゃべっていたり暗かったりしては、学生の気持ちだって暗くなってしまう。先生が遠慮していては学生も控えめになってしまう。学生が元気に楽しく授業を受けられる雰囲気はあくまで先生が作るもの。
それはそれでほぼ、当たってる、とは思う。

先週は、私の家族にとってとても悲しい出来事があり、どうしても明るい気持ちになれないでいた。その出来事の連絡を受けた次の日の朝は、家を出る直前まで泣いていたので、目も腫れてるだろうし、テンションも最低。私事を授業に持ち込むのは嫌なのだけど、今日は絶対に元気には振舞えないし、暗い授業にしてしまうなぁと思って教室に向かった。沈んだ気持ちのまま、パワーポイントの準備をしたりして、授業の開始を待った。

それが、授業が始まった途端、いい意味で期待をすっかり裏切られてしまった。もともと元気な学生が多いクラスではあるのだけど、私のテンションが低めなのにも関わらず、いつものように学生たちが明るい。私が何気なく発した言葉に、学生たちが乗っかってきてくれて、盛り上げてくれる。いつの間にか、私も一緒になって学生たちと普通に笑っていた。いつの間にか元気になって、普段の調子で授業が出来た。授業が終わった後には、みんなありがと〜、ってハグでもしたくなった。

授業は、私だけで作っているんじゃないんだと実感した瞬間。私が学生を元気にさせるだけじゃなくて、学生からも私が元気をもらってる。またインタラクションの話になるけど、授業を準備してくるのは先生だからと言って、先生だけがその日その日の授業を作るんじゃない。授業ができていくプロセスは、まさに先生側と学生側の相互作用。自分が明るくしないと、自分が元気じゃないと、自分が堂々としてないと、授業は楽しくならない、ってずっと思ってたけど、それだけじゃなかった。

とは言っても、学生に頼っていいということではない。あくまでリードするのは先生側。学生の目線に立って、楽しく作り上げていければ、先生って立場を、もっと楽しめるかな。


posted by eiko at 16:24| Comment(8) | TrackBack(0) | Graduate student life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
彼らが何かを感じ取って特別な反応をしたのか、彼らは普段どおりだったけどeycoちゃんが初めて特別なものとして受け取ったのか、まあいずれにしても、良い方向に転がったようでなにより。
きっと、これまでに撒き続けてきた種がクラスに根付いたんだろうね。
Posted by 鉄人524号 at 2008年10月13日 21:27
今から、日本語のクラスだよ。
私は笑顔でいることくらいしかできないけど、
私もみんなに助けられてるなーと感じます。

えいこちゃんは、いつも話を聞いてくれたり、
人の気持ちにたって考えられる人で
いつも私はえいこちゃんに助けられてるよ。

わたしも、えいこちゃんの力になれたらいいなと
思います。
しんどいときはいつでもいってね!




Posted by kumita at 2008年10月13日 21:39
何があったかわからないけれど、がんばるんだよ!うん。いつもパワフルだから、そつなくこなしてそうにみえるのに、とってもがんばっているものね。普段のコミュニケーションがあるから自然に学生もそういうふうになるんだとおもうよ。
Posted by sandie at 2008年10月14日 12:33
>鉄人524号さん
たぶん学生たちは何も気づいてなかったと思うのですが、ほんと助けられました!
私はほんとまだまだなんですが、ちょっとでも種をまき続けていけたらいいな、って思います。

>Kumitaちゃん
そういってもらえると嬉しいよー。私、お話は聞けても、いいことなんて全然言えないし、ほんとダメやわぁ、って思ってたの。
Kumitaちゃんの話はいつも考えさせられるよ!私とは違ってることも多くて、「こういうこともあるんだなぁ」って思っちゃう!また色々話そうねー。

>Sandieさん
ありがとうございます!
私、相当不器用なので、「先生」として学生へどう接したらいいかってこと、最近やっと見えてきて気づいてきた、ってくらいなんです。。。はっきり言って、人前で話すのって苦手だし、まだまだ悩める日々です・・・。
Sandieさんのように、いつも頼りになる感じでいれたらいいな、ってほんと思いますよー。
Posted by エイコ at 2008年10月15日 14:12
そっかぁ、そんなことがあったのか。なのによくちゃんとがんばったね!プロフェッショナルだよ!

私も、学生に「先生の授業好き」って言ってもらえるたびに、「それって、あたしのおかげじゃないのよ。あんたたちのおかげよ」とかえすよ。教える立場にいると、本当に実感するよね。Interactional output!!!

明日も、その調子でがんばってね!
Posted by 彩依 at 2008年10月16日 07:46
>彩依ちゃん
どうもありがとう!先日のゲストレクチャー、なんとかうまく行きました。いきなりの私の授業にも関わらず、学生が助けてくれたよ。
いかに学生たちの力が大きいか、感じさせられるよね。
Posted by エイコ at 2008年10月20日 06:09
エイコちゃん、昨日はいろいろと本当にありがとう!!!
おもいっきりリフレッシュしてはじけちゃったわ♪♪
エイコちゃんの勇敢でたくましい姿を見てほれぼれしてほれちゃったぁ〜。
こんな素敵な先生から授業を受けている学生さんがほんとうらやましいわぁ。
こんな私ですが今後ともよろしくねぇ。
Posted by れいこ at 2008年10月20日 14:19
>れいこちゃん
ほんと、こないだは楽しかったね!色々話せて嬉しかったよー。
勇敢って、あの酔っ払いに絡まれたときのこと(笑)?あれはしつこかったねぇ。おごってくれたあのナゾの人とは大違いやねぇ(笑)。
私こそ今後もどうぞよろしぅ。
Posted by エイコ at 2008年10月25日 16:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。