2008年10月05日

ACL festival

先週末。今年もACL(Austin City Limits)Festivalに行った。オースティンの夏のミュージックフェス。今年は金曜日は学校やら色々あって、行けず。土日のみの参戦。
ACL small 1.jpg

晴れオースティンはまだまだ夏。晴天の中、汗と埃にまみれる私たち。
ACL small 4.jpg

こんな話題のところで、インタラクションのことを書くのもなんなのだけど(私の研究対象がインタラクションなので)、ライブというのはほんと、ミュージシャンと観客とのインタラクションがあって初めて成り立つものだということは、こういうフェスでとっても良く感じることができるって思う。ライブっていうのは、ミュージシャン側が一方的に演奏して成り立つものでもなし、観客ばかりが熱狂していてもダメ。ミュージシャンと観客との対話があってお互いが一体になって、ライブが出来上がる。両方の盛り上がりの相乗効果がショーを作るものだと思う。

その例が如実に現われてたのが、BeckとFoo Fightersの二つの対照的なライブ!
るんるん個人的には三度目だったBeckのライブは、実は今までの中で一番がっかりだった。出てくるなり淡々と新旧のメジャーな曲を立て続けに演奏していって、アンコールもなしに終わっていった。彼とそのバックバンドの演奏は最高なのだけれど、ちょっと残念な感じ。
ライブ開始前とアンコール中の観客の大盛り上がりとはうって変わって、クールだったBeck。観客とのインタラクションになんて興味なしで、観客が発するコールも無視で淡々と終わっていった。前回観たときはこんなんじゃなかったのになぁ。

るんるんそしてその正反対が、日曜の最後のFoo Fighters。ACLは、フェス的にはほんとイマイチで、会場も狭いし、観客もマナーが悪い人が多いしで、大きいステージのライブはほんと観にくい。だから小さいステージでマイナーバンドを楽しむのが好きなのだけれど、フーファイの場合、やっぱり大物はやってくれます、という感じだった。
ライブはほんとに良くって、相当楽しかった。壮絶なドラムソロやトライアングルソロ(!)なんかを織り交ぜて大御所の貫禄がありながらも、常に観客目線で、対話のタイミングなんかも絶妙。バンドの演奏やMCに観客が応え、観客の熱狂にバンドが応えるって、まさにそんな感じ。観客のために観客のためのライブをしてくれた、という感じだった。アンコールの最後の曲がBest of Youだったのも、最高exclamation
なんだって、双方のインタラクションがあってこそ、作られるものなんだわ、って直に体験できたようなライブだった。
ACL small 2.jpg

るんるんその他良かったものも、演奏の質はもちろんだけど、やっぱりインタラクション効果が大!
キューバ出身のラテンバンド、The Nachito Herrera All-Stars。最近、ラテン系ミュージックにはまっているので、これはひたすらテンションが上がる。ピアノは完全に打楽器です。こんな存在感って、ほんとすごい。
ACL small 3.jpg
(ちなみに、ステージの写真撮影は禁止されてません。)

ジャムバンド、Blues Travelersは期待通りに楽しませてくれたし、ジャズ、ファンク系フュージョンバンド(一部ボーカル有り)のGalacticaもほんとよくって、観客がが次第に惹きこまれていってどんどん一体化していく様子が感じられるほどだったし。最後の方には会場がすごい盛り上がりで、みんなが踊りながらそのグルーブ感を楽しんでた。

野外音楽フェスは、単独公演とはまた違った楽しみや良さがある。今年も参戦はACLだけというのが残念だけど、日ごろの研究からのストレス解消には一役買いました。次のライブは単独公演。たぶん今月末のOzomatliかな。


posted by eiko at 23:26| Comment(3) | TrackBack(0) | Music/Concert | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
eycoちゃんの日記、
写真が多くてたのしーわ。
雰囲気がわかる!
これも、書き手と読み手のインターアクション!?
Posted by kumita at 2008年10月06日 12:13
10月なのにAustinはまだ夏なんや!
夏大好き人間にとっては羨ましい〜。
Foo Fightersカッコいいなぁ。Best of You好き。

やっぱりアーティストと観客のインタラクションって大事よね。
あの雰囲気こそ「LIVE!」って感じやし、
それがないと全然楽しくないもん。
インタラクションなければCDでもいいんだし。

オレもこの夏は結構フェスに行ったけど、
いろんなアーティストが見られるのが楽しい!
「モッシュ」ってのを初めて経験した。ハマったわw
Posted by T.Asai at 2008年10月07日 00:12
>Kumitaちゃん
そういってもらえると嬉しいわー。
でも、写真のっけちゃうせいで、最近Descriptionが少なくなってる気が。。言ったら手を抜いてるだけかしら?でも、私のつたない文章だけだったら、つまんないからねぇ。

書き手と読み手のインタラクションがあったらもっとおもしろいかもねぇ。この日記だけなら書き手の一方通行だけど、コメント寄せ手くれる読み手がいてくださるおかげで、コメント欄でのインタラクションが楽しめるよね☆

>あさいちゃん
まだまだこっちは暑いよ〜。余裕で半そでとかノースリです。いい加減、ちょっと涼しくなってほしいなぁ。。

まさにその通りですよ!CDと一緒の演奏なんてつまらないもの。バンド側だって、観客によってその時々の演奏が変化してくるもんだもんねぇ。他にもスポーツだってなんだって一緒やんね。

あさいちゃん、結構たくさん夏フェス行ってたみたいやね!羨ましい!日本、夏フェスすごく増えたよね。
モッシュなんて、若いわ!
Posted by エイコ at 2008年10月07日 13:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。