2011年01月17日

「オチ」る論文

博士論文もいよいよ佳境に入っていて(私はそのつもり・・・)、今は修正・校正、の日々ペン
200ページ以上あるので(博士論文の長さとしてはいたってフツウ)、読み直すだけでも時間がかかってしまって、思ってる程ハイペースでは進まず・・・。
もうここまで来てしまったら、
「もうなんでもいいからとにかく早く終わりたい!」
というのが実は本音なのだけれど、とは言っても、
「なんでもいいからとりあえず分析をまとめて終わり!」
・・・というわけにはいかないモノ。

論文委員の5人の教授の中の1人の先生が、「書く」ことに関していつもおっしゃってることがある。
「論文は起伏のある一本の『ストーリー』でなければならない」と。

始まりは比較的静かに、ゆっくり。
 −物語りの最初は大抵、登場人物や時代背景が明らかにされる。
それから次第に盛り上がりを見せる。
 −何の変哲もない日常シーンの描写の中に、何かが起こりそうな「前兆」。この時点で「この先何が起こるんだろう」と読者は興味を持つ。
それからはクライマックス。
 −物語りが最高の盛り上がりを見せるところで、読者を一気に惹きこむ。「なるほどそうだったのか!」「そういうことか!」と驚かせ、納得させる。

つまりは、この最大の山で「セクシーポイント」を投入することで、
「ずきゅーん」
と、読者の心を射抜かなければいけないと。そういうこと。

私なりの解釈を加えると、
話で言えば、最大の笑いを誘う、「オチ」の部分。
音楽でいえば、ソロのインプロビゼーション(即興演奏)が最大に盛り上がるポイント。
テンション・ノートでも加えて、聴き手を「ぞくっ」とさせる・・・そんなとき。
なげやりな言い方すると、その曲中で一番大きな音量一番高い音ででソロ弾いちゃう、みたいなとき。

全てはその「セクシーポイント」を最大にセクシーに見せるために、オチで最大にウケが狙えるように、ソロの最大の盛り上がりで最大の拍手がもらえるように、始めから終わりまでを構成していくべきとのこと。
ともすれば、論文なんてほんとに分析を書き述べていくだけの、平坦な、退屈なものに仕上がりがちなんだけど、そりゃそうだ。
研究論文だとは言え、読んでて興味の持てない読み物なんて、そもそも誰も読む気にならない。
いくらいい研究をしても、それをおもしろく伝えることができなければ、研究者失格だ。

ストーリー。
どんな話も、オチがなければ何故その話をしているのか、したいのか、相手には伝わらないものだし、相手に何の共感もよばないし、そもそも「ストーリー」にならない。
松っちゃんやジュニアや小藪や兵頭さんやほっしゃんの話がおもしろくスベラナイのは、オチがあるから。
しかも、「そんなオチだったのか!」と、あっと驚いて印象に残るようなオチが。

・・・
つまりは今の私、その先生のアドバイス通り、最大限に「セクシー」さを出そう・・・と奮闘中。
が・・・。
実は自分の論文、読めば読むほど、平坦な気がして、なんだか印象に残らないこと書き連ねてるだけな気がして、ちゃんと「オチ」てない気がして、なかなか進まないふらふら

私の分析の最大の「セクシーポイント」ってなんだろう(今更・・・)。
どうやったらそれを驚く「オチ」にできるんだろう。。
そもそも私の論文なんて、いくらセクシーになったとこで、論文委員の先生以外誰か読むんだろうか。。。
ていうか、私自体が全然セクシーじゃないし。。。

・・・とかそんなことばっかり考えてたら、なんか永久に終わらないような気がしてきたのだけれどバッド(下向き矢印)
とにかく後一ヶ月ほどでなんとか勝負つけなくてはいけません。
さて、無事に最大のウケが狙える形でオトせるでしょうか・・・。

人気ブログランキングへ


posted by eiko at 16:21| Comment(10) | TrackBack(0) | Research | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月14日

オースティン お気にスポットその1

オースティンでの残り時間もあとわずか(2ヶ月?)!
と思うと、急に寂しくなってきたので、最近一瞬一瞬を噛み締めてます。
ということで、オースティンのお気に入りスポットなど、ちょっとずつご紹介したいとも思ってるところ。

私にとって、日本に帰ってから絶対に恋しく思うだろう2点は:
1.ライブミュージック
2.ビールの種類

レベルの高いライブが無料や安価でどこででも聴けるオースティン。日本ではちょっとしたライブでもお金がかかるのだと思うと、残念。。
そして、日本で手に入るビールの種類の少なさもとっても不安。最近、日本でもおいしい地ビールは増えてはいるけれど。

ということで、私の中の2大Miss-the-mostの場所は以下に決まり。

るんるんベストライブミュージックスポット
ライブハウスやバーは星の数ほどあるオースティンだけど、ジャズだったらやっぱりココ。
最近特に足繁く通っているElephant Room。私のオースティンでの一番のお気に入りのジャズバー。
ここはいつ行ってもハズレなし!狭いハコだけど、いつでもめっちゃええジャズの生演奏が聴けます。
しかも平日はカバーチャージなし!
しかもしかも、ビールの種類も豊富!

先週末も行ったのだけど、そのときは残念ながらジャズに興味のない人を連れて行ってしまったので、バンドが全く見えない一番後ろの席で普通に飲む羽目に。。このお店、縦長で、後ろだと全くバンドが見えないのが玉にキズなんです。。

バーベストビールスポット
The Ginger Man
もうここ、すごい。私はオースティンに来た最初の一週目から恋に落ちました。
ビールの種類のすごさといい(生・瓶合わせて50種類以上?)、雰囲気のよさといい・・・。
地元テキサスの地ビールのみならず、世界中のビールが。私は当然、しょっちゅう出没してます。

ちなみにここで、私店員さんに勝った(?)ことがあります(自慢)。
私の注文したビールと違うビールが出てきたときのこと。違うと言ったら、また新しく注いで持ってきてくれたんやけど、それもまた違う(頼んだのはヴァイツェンだったのに、どうもIPAのような強いホッピーな味。違いは明らか)。それ以上「違うよ」と言っても、もう信じてもらえず、「絶対おかしいんだよねぇ」と友人たちに言いながら飲んでた私。やっぱり納得できず、デキそうな別の店員さんに言ったところ、樽を確認してきてくれました。そしたら、やっぱり!樽の付け間違いだったようで、他の店員さんたちは負けを認めて(?)「You were right the whole time」と言ってくれました。やっぱり!!友人たちからは、「Eiko knows her beer」とのお言葉をいただきました。当然!
というエピソードもなんだか愛おしいパブ。I will surely miss you, The Ginger Man!です。

こんな感じで、オースティンには去りたくない理由がたくさん。寂しいです。早くもノスタルジーです(早すぎ)。
他にも色々ご紹介はまた今度。


人気ブログランキングへ
posted by eiko at 14:31| Comment(5) | TrackBack(0) | Austin | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月02日

年越しはミシガンで

2011年、明けましておめでとうございます。

今年はミシガンで年越ししました。
大晦日の夜。相方の友達のパーティーに行った後、ロイヤルオークというデトロイト郊外の街のダウンタウンへ。
アメリカ各地で一斉に行われる大晦日恒例イベント、Ball drop(NYCのTimes Squareでのイベントを真似たもの)を見物。

ダウンタウンに設置された、野外ステージでは、Gin BlossomsやThe Romanticsのコンサートが。
この寒いミシガンで、冬に野外コンサートという発想がちょっと謎。

New Year eve 2 small.jpg


この写真の画面右上に見える丸い光が、Ball dropに使われるボール。
これが、年明けまでのカウントダウンの2分程前からちょっとずつ下に落ちてきて、年明けの瞬間と共に地面に到達、という仕組み。
その場に居合わせた多くの人たちとともに、カウントダウンをしてボールが落ちていくのを見物した。

ただ、ボールが落ちるのを見ても、正直、さしたる感動もありません。。
やっぱり初詣に行ったり、一連のお正月イベントをしないと、なんとなく気持ちも引き締まらないし、年明けた気分にもなりません。
アメリカでは年越しや新年が大したイベントではないのだから、仕方ないけども。
・・・という、ちょっと残念な年越しでした。


*********
2011年、今年は私にとっては大きな変化の一年になる予定。
博士課程を終え、8年強のアメリカ生活を終えて、日本に帰り、4月から新しい環境で新しい仕事のスタート。
しかもそんな年に限って、厄年!
どんな変化にもチャレンジにも、くじけず向き合っていきたいと思う(厄年という逆風に負けず!)。
日本に帰っても、大切なアメリカでの人とのつながりは維持していきたい。そして、日本での新しいつながりも少しずつ築いていきたい。もちろん日本での古くからのつながりは、もっと深めたい。
そんな大雑把な抱負について考えてみた元旦は、とりあえずだらだらしてみます。

今年も、きっと周りの人たちに助けられまくる一年になります。今年も辛抱強くお付き合いいただけたら、最高に幸せです。どうぞ宜しくお願いします。
posted by eiko at 07:04| Comment(5) | TrackBack(0) | Travel (U.S.) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。