2010年11月21日

学会@サンフランシスコ -U航空ありがとう編-

時差ぼけからの回復もままならぬ、怒涛のバタバタ一週間、まさに出発数時間前まで学会発表の準備をして、14日(日)朝4時半、出発。

こんなに朝早い出発の理由は、発表が同じ日の昼にあること。
発表当日に出発するなんて、飛行機が遅れたりするかもしれないから無謀だ、とも言われつつ、そんな心配は全くしてなかった私。

飛行機にはそこそこ頻繁に乗ってるけど、ほんとにめったに大きく遅れたりキャンセルになったりしないし、大丈夫でしょ。普通。
この考え、そう無謀でもないよね?
デンバーで乗り継ぎがあるから、予定通りにいってくれないと困る便は1便だけでなく2便だけどね??

・・・

そして、搭乗予定数分前。
恐怖のアナウンス。
「デンバーでの悪天候に対応できないため、当便、遅れる見込みです」

。。。

来た!!
こんなときに限って!!

こんなときに限って、コロラドのデンバーで初雪雪だとよ。
なんで今日!

更に数分後。
「当便、悪天候に備えた部品が足りないため、キャンセルになる見込みです」

なんで今日!!

しかも、原因はたった一つのブヒン

代わりの便を手配してもらうため、慌てて搭乗口前のデスクの列に並んで待つも、列はなかなか進まず。
この時点で発表は半分諦めモード。
やっぱり当日に飛ぶことにした無謀さにここに来てやっと反省しつつ、同じ枠で発表する人に無理かもと連絡。
30分待っても列は一歩も動かず、更に発表諦め度は上昇。

というときに、ここでまさに奇跡がexclamation×2

ふと隣の搭乗口を見てみると、
他会社U航空のまさかの「サンフランシスコ行き」の表示!
なんと目的地までの直行便!

オースティンの空港、小さいといえど、たぶん搭乗口は20数個あるはずです。
そんな中、たまたまの搭乗口からサンフランシスコ行きの便が!
この奇跡にドキドキしつつ、もともと乗るはずだったF航空の職員のおばさんのもとへ駆け寄った。
「あの隣のサンフラン便に乗れませんか。」
そしたら、空席があるかどうか聞きに行けと言われたので、U航空の職員の所に行くと、F航空から変更の手続きをしてもらわなくてはいけないとのこと。
その旨、またF航空に伝えに行くと、返ってきたこたえ。
列の順番が来るまで待て、と。

。。。

いえいえいえいえ。。。

さっきから30分くらい待って、一歩も動かなかった列に並べと?
後ちょっとでそのサンフラン行きも出発しちゃうのに?
そもそも列がなんで一歩も動かないの?
他にも待ってる人たちがいるのはわかるけど、職員一人、手が空いてるんやから他の機械使って変更手続きするとか、先に出発しちゃう便に変更できる人とか急いでる人だけ先に処理するとか、この状況、何かもっとやりようがあるのでは?
それより何より、その高圧的な態度は、、、、、、なぜ??

こういう融通の利かなさというか、もともとあんたんとこの飛行機がキャンセルになるからこういうことになったんでしょ的な理不尽さとか、かなり憤慨しながらも、
「絶対に昼までにサンフランに行かなきゃだめなので何とかしてもらえない?」と掛け合ってみる。
でも、返ってきた答えは、無愛想な、
「I know.でも、順番が来るまで待ちなさい。」

せっかくのサンフランシスコ便が出発しちゃうじゃないのーーーーー。

しぶしぶ列に戻って少しすると、そのF航空のおばさん、私のとこに来て、U航空に空席はあるのね?、と聞いてくる。
きっと、私がこの便を逃した場合に別のサンフラン行きを手配する手間を考慮して、今私にこの便に変更させた方が簡単だと考え直したに違いない。。(やっぱり親切な人だったんだ、と思う気には、この時点ではなれなかった私。。。)

ここでめでたく、F航空にすぐに変更をしてもらい(できるんやん!)、U航空にもチケットを発行してもらい、搭乗口が閉まってしまう直前にU航空のサンフランシスコ便に無事、滑り込み搭乗できました。

直行便だったので、結果的には予定よりも早く目的地に着いて、F航空がキャンセルになったことが逆にラッキーに。
しかも、隣が空席だったので、飛行中もスペースが広くとてもリラックス。
更に、F航空に預けたために遅れて届いてしまった荷物も、U航空が素早くホテルまで届けてくれた。
実際にはチケットを買っていないU航空にとても良くしてもらって、大感謝。
ウェブサイトから、お礼の意見書でも出そうかというくらいです。

そんなこんなで、素晴らしきU航空のおかげで、発表も問題なく終えることができ、調子の良い学会スタートとなりました。

友達とのサンフランシスコでのちょっとした観光などについては、また次回。


posted by eiko at 00:15| Comment(7) | TrackBack(0) | Travel (U.S.) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。