2010年04月14日

メキシコ旅行 −グアダラハラ−

メキシコ旅行の様子の続き。
3月16日。三日目。サカテカスを出て、この旅三番目の町、ハリスコ州の州都、グアダラハラへ向かった。車でこんな道を走ること5時間弱・・・。

mexico small 20.jpg


メキシコ第二の都市、グアダラハラに到着。かなり都会!

着いたころにはすっかり暗くなっていたので、ホテルでチェックインを済ませてから、歩いて晩御飯を食べに。近くではいいところが見つからず、結局モール(Plaza del Sol)内のバーレストランに入った。
食べたファヒータスはまぁまぁだったのだけれど、ウェイターさんの粋な計らいで嬉しいサービスが!
私たちがオーダーしたビールが在庫切れで、その代わりにオーダーしたのもまた在庫切れ・・・という状況を申し訳なく思ってくれたのか、更にその代わりにオーダーしたビールを二本ずつ持ってきてくれた。二人で4本のビールがテーブルに置かれ、それも飲んでしまって、最後にカクテルをオーダーしたところ、それも2杯ずつ持ってきてくれるという気前の良さ。ウェイターのお兄さん、「私に任せて」とニコニコ。メキシコ人ってやっぱり陽気で人がいいんやわー。

mexico small 29.jpg

モヒート2杯とマルガリータ2杯を前に、テンションが上がる私。

グアダラハラの一日目のハイライトは、こんな程度です・・・。

−−−
4日目。グアダラハラ2日目。

セントロ(ダウンタウン)を観光。ここもコロニアルシティーなので、植民地時代の建物がたくさんある。京都と姉妹都市ということからもわかるように、歴史を感じさせられる古都で、スペインの面影が残っている。

カテドラル。2本の尖塔が象徴的。

mexico small 21.jpg


植民地時代の建物と広場を数々通り過ぎつつ・・・(右はデゴジャドー劇場)

mexico small 33.jpg


ユネスコ世界遺産の、カバーニャス孤児院。19世紀の建物。

mexico small 23.jpg


内部にある壁画と天井画:オロスコ作、「スペインのメキシコ侵略」。

mexico small 32.jpg


活気に溢れるメルカート(市場)を通った。小さいお店が無数に入っていて、たくさんの人!
mexico small 31.jpg


この次に訪れたハリスコ州庁舎。ここの名物はなんといっても、オロスコ作のフレスコ画!描かれているのは、メキシコ独立運動の指導者、イダルゴ。これ、中央階段の天井に描かれているんです。わかるかな?

mexico small 30.jpg

あまりに大きくて、首を大きく回さないと全部見ることができず、初めてみたときには階段から落ちそうになりました。メキシコ独立のために立ち上がったイダルゴの怒りが伝わってきそう。天井いっぱいに広がる迫力。


ちなみに昼食は街角のタコスやさんで。フィッシュタコスとシュリンプタコス。
これ、一つ100円しないくらいです。
mexico small 22.jpg


ところで、メキシコではどこに行っても、レストランはもちろん、こんな小さな街角のタコス食堂でも、料理してる人はみんなビニール手袋をして頭は不織布の帽子(給食のおばちゃん風帽子)で覆っている。衛生面の管理がしっかりされているみたい。


色々歩き回って、疲れた夕方。カテドラルの前の広場のオープンカフェにて一休み。青空の下、カテドラルを目の前に眺めながら飲むマルガリータは最高!

マルガリータの隣の巨大な飲み物は、相方がオーダーしたもの。ビール二本に何やら甘い飲み物が加えられている。グアダラハラの至るところで見かけたけど・・・味はイマイチ。。
mexico small 38.jpg


夕方、別の広場では無料の野外クラシックコンサートもやっていた。グアダラハラ生まれの陽気なマリアッチ(メキシコの伝統的な楽団)ではなかったけど、空の下で聞くしっとりクラシックも良い。

mexico small 34.jpg


薄暗くなってきた町も綺麗。

mexico small 36.jpg


mexico small 37.jpg


この次の日は、テキーラの町、テキーラへ。

(またまたつづく)


posted by eiko at 15:17| Comment(6) | TrackBack(0) | Travel (Mexico) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。