2010年03月30日

メキシコ旅行−サカテカス−

メキシコに入ってほんの2日目にして何か違和感がありました。
何かなぁと思っていたら、なるほどー。アジア人を一人も見かけない。アジア人どころか、アフリカ系やインド系やアラブ系の人も全くいない。つまり、メキシコ人以外の外国人がほとんど歩いていないということ。
メキシコ人には、白人、インディオ、メスティーソ(白人と先住民の混血)の人たちがいて人種も多様だけれど(ほとんどがメスティーソ)、アジア系は人口にはほんのわずか。どこを歩いても日本人どころかアジア人は私一人だったので、時に「こんなとこで何を?」的な視線を・・・(ポーランドでも同じ体験をしたことがあるけれど・・・そのときはそれほど驚きだったのか、写真まで撮られた。。)。おまけに、メキシコ人は日本人のように平均的に身長が低いので、アジア人の私と190センチ近い相方(白人男性)との組み合わせはますます珍しいらしく、奇異な目をよく向けられたりした。サカテカスでは、他の観光客2人組(たぶんメキシコ系アメリカ人。英語から判断。)に、一緒に写真を撮ってくれと頼まれたし。。アメリカ人ならアジア人も、ましてや普通のアメリカ人もさほど珍しくないやん。。。うちらと写真を撮って、後々、何のネタにされたんだろ。。。

そんなことのあったサカテカスには2日目にやって来ました。

サカテカスに向かう前、モンテレイにてまずはブランチ。近くのトレーラーのタコス・スタンドで、地元の人に混じってタコス。いくつか適当にオーダーして、目の前で作ってもらって、カウンターに座って食べる。メキシコ人になった気分。

その後は、四時間強、ひたすらドライブ。途中、どうみても全人口30人にも満たないような村というか集落をいくつも通り過ぎて、その度、「もしこの場所に生まれ育っていたら、今いる世界とは全然違った世界を体験していたんだろうなぁ」などと思いを馳せてみた。

4時間強の後、サカテカス州の州都、サカテカスに到着。銀山の町で、標高約2250メートルに位置する。標高が高いため、普段よりも息切れしやすい上に、坂が多い。

かわいいホテルにチェックイン。

mexico small 24.jpg


町の中心のホテルだったので、チェックイン後、すぐにサカテカス歴史地区(中心街)を散策。

mexico small 8.jpg

コロニアル(植民地)都市なので、町並みもスペイン風。ピンクシティーと呼ばれるこの町からは、スペインによる支配の歴史の悲惨さは感じさせられず、どこもかしこもカラフルでかわいらしい印象。道路は石畳。

mexico small 9.jpg


この景色をはじめて見たときは、とっても感動!

mexico small 10.jpg


mexico 28.jpg


世界遺産。

mexico small 26.jpg


これも世界遺産。カテドラル(大聖堂)(右)と、その周り。

mexico small 25.jpg


夜のカテドラルは、幻想的。

mexico small 11.jpg


レストランそれから、晩御飯。ホテルの目の前のレストランへ。メキシコ二度目の晩御飯も、大正解!

まずはホームメイドトルティーヤチップスとサルサ3種。これを食べ過ぎては、後が入りません。ちょっとだけにして、ストップ。。

mexico small 12.jpg


スープ。ゆで卵入りでおいしかった!普通のチキンスープみたいな感じ。

mexico small 13.jpg


メイン。私がオーダーしたのは、チキンのモレソース。モレは甘いソースなので、今日も辛い料理はなし!これをトルティーヤとともに食べます。でも、この時点で完全に食べすぎ。。

mexico small 14.jpg


ちなみに相方のはこちら。サカテカスのお料理です。料理名は忘れたー。

mexico small 15.jpg


−−−
次の日。標高が高いせいで、ちょっと寒い。

坂を登って・・・(息切れしながら)

mexico small 19.jpg


まずはエデン鉱坑(銀鉱)。中は更に寒い。

mexico small 16.jpg


ガイドさんは24歳のかわいいメキシコ人女性。がんばって英語で、銀採掘の様子を解説してくれて、大感謝。銀鉱は暗いし危ないし、当時人々がどれだけ苦労して銀を採掘していたかが伝わってきた。

それから、ロープウェイでブーファの丘まで。

mexico small 17.jpg


頂上ではインディオの女性たちが、かわいいビーズ細工やアクセサリーを売っていたので、お土産も含め、いくつか購入。どれも細かくて精巧なデザインでとても綺麗なのに、一つ一つ、ほんとに安く売ってる。こんなにがんばってたくさんのアクセサリーを作っても、ほとんど収入にならないのかなぁと思うと、哀しく、申し訳なく、なります。

small beads.jpg


町を一望した後、ホテル付近(中心部)まで降りてきて、お昼ご飯。
食べたのはこんなもの。
mexico small 18.jpg


ゴルディタスという、食べ物。トルティーヤに色んな具が入ってて、タコスよりも重い。

サカテカスは本当に美しい町でした。

mexico small 27.jpg


車(RV)昼食後の午後3時ごろ、また車に乗り込んで、次の町に向け出発。移動ばっかしの忙しい旅だけれど、もっと見たい・・・。3都市目、グアダラハラに向かいました。
(またつづく)



posted by eiko at 14:27| Comment(5) | TrackBack(0) | Travel (Mexico) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月26日

メキシコ旅行−入国編−

一週間の春休みもあっという間に済んで、メキシコでのゆったりとした時間はどこへやら、またすっかり日常に戻ってます。

晴れ春休みに行ってきた、6泊7日のメキシコ旅行。今回メキシコへは陸路で入国。その後もずっと私のカローラちゃん(なんと10年落ちの2000年製!)で移動。アメリカナンバーの車をメキシコで運転するのは危険だの、窃盗が多いだの、いろいろ聞いていたからやや不安だったけど、事故もなく無事帰って来た。

車移動のため、入国での手続きもちょっと面倒。ということで、出発前に・・・
・メキシコではアメリカの運転免許で運転ができるけれど、アメリカの保険は無効。ということで、まずはメキシコの自動車保険に入る。(ちなみに、日本の国際免許証は使えない。)

・メキシコでアメリカナンバーの車を運転するには、メキシコ入国の際、車両許可証の発行が必要。そのため、車のタイトルやらアメリカの自動車保険の写しやら、諸々の書類のコピーを取って準備。

・更に、180日以下メキシコに滞在する外国人旅行者は全員、ツーリストカード(一時的なビザのようなもの)が必要。これも入国の際に手続きが可能。

そして、14日にいざ出発車(セダン)
オースティンを出て、車で走ること約4時間、ラレード(アメリカの町)とヌエボ・ラレード(メキシコの町)との国境に到着。通行料を払い、リオ・グランデという川を渡す橋を渡り終え(橋の上は無国籍地帯)、メキシコ入国。国境付近ということもあって、警備も物々しく、戦車や初めて見る大きな大きな銃を持った軍人やらがうようよ。結構怖い・・・。

そのまま道の標識に従って、ちょっとどきどきしながら、入国管理局へ向かい、無事にツーリストカードと車両許可証を発行してもらう。橋の向こうはすぐにテキサスという場所なのに、英語がほとんど通じないことに驚く。

mexico small 1.jpg
(ヌエボ・ラレードの道路)

麻薬関連の抗争が頻発してるヌエボ・ラレードは相当危険なので、ノンストップでそのままモンテレイを目指す。

モンテレイまでは有料道路(メキシコではもちろん、アメリカで考えてもかなり高い、17ドル!)。道は空いてて、走りやすい。
mexico small 2.jpg
景色はこんな感じで、アップダウンがある。

約3時間後、ヌエボ・レオン州の州都、モンテレイに到着。
mexico small 3.jpg
山に囲まれた(後ろのデコボコ山に注目!)メキシコ第三のこの都市は、メキシコの町というよりは、アメリカの都市に近い感じ。やたらビルボードが多いのが目に付く。大きい看板だらけ!

ホテルにチェックイン後は、晩御飯。町の中心から外れた場所にあるので、よさそうなレストランが周りに見当たらない。ホテルの人にどこかいい場所がないか聞いたら、なんと隣にあったChili's(アメリカのチェーンのファミレス)を勧められた。。外国人には米国系ファミレスで十分だと思われたのだろうか・・・。メキシコ初のご飯でChili'sに行くわけはなく、ホテル付近を徘徊。なんとか歩き回って見つけたのが、グリル&バーの看板。ここが大正解!ちょっとおしゃれな、とってもおいしいシーフードのレストランだった。

まずは、付き出しで出てくるトルティーヤチップス(ホームメイド)と三種類のサルサ。
mexico small 4.jpg
どれもそんなに辛くない。

それから、前菜。マヒマヒという魚のトスタドス(手前)と、あさりと海老のお料理(名前失念。。)(奥)。
mexico small 5.jpg

相方がオーダーしたメインは、こちら。
mexico small 6.jpg
海老やチーズのスープ煮が、石釜に入って、グツグツしながら出てくる。

私のは、白身魚をバナナの皮で包んだこの一品。
mexico small 7.jpg

メキシコで食べる初めての本場メキシコ料理。テキサスでのメキシコ料理といえば、チーズたっぷりのピリ辛TexMex(テキサス風メキシコ料理)ばかりなので、初めてのメキシカン・シーフードに感激。全然辛くないし、しつこくないし。かなり満腹になって、ホテルに戻って就寝。8時間強の車移動だったので、結構疲れてました。

−−
アメリカに近いモンテレイだけでは、メキシコがあまり見えません。この次の日から、更に南を目指しました。
(つづく)
posted by eiko at 14:54| Comment(3) | TrackBack(0) | Travel (Mexico) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月14日

南の国境へ

今年も無事に誕生日を迎えることができて、いろんな人たちに感謝。

今年は前日の金曜日、5時半くらいからハッピーアワーで飲み始めて、最後は午前1時過ぎにジャズバーで終了。すっごい濃い一晩になった。

誕生日当日は、いろんな準備のため、一日中バタバタ。特別なことは何もしてません。
というのも、来週は一週間の春休み。この休みを利用して、初めて南の国境を越えます。運転して、メキシコに6日ほど滞在予定。
行くのは、モンテレイ、サカテカス、グアダラハラ。国境付近やメキシコシティは危ないので、もちろん避けます。
ここ5年くらい、独学ですこーーーーーーーしずつ習っていたスペイン語もちょっと試してみたい・・・。それから純粋にメキシコという国を見てみたいので、とても楽しみ。

道中は私でなくほとんど相方の運転になるだろうと予測して、採点するペーパーやら、自分の論文やらを持ち込むことに。助手席で景色を楽しみつつ、仕事しつつ(?)、メキシコ散策してきます。

また旅での様子はかえってから〜。
posted by eiko at 17:33| Comment(5) | TrackBack(0) | Travel (Mexico) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。