2009年12月17日

着いた♪

昨晩遅く、日本に到着。
今回は最初の乗り換えのミネアポリスで飛行機が遅れて、その結果、成田での乗り換え便に乗り遅れ・・・。
代わりに東京から新幹線に乗ることになったので、いつもより時間がかかった。。。

来週は、ぼのさんに発表の場を設けてもらったので、東京にも行きます。
やることはたくさんあるのだけれど、またこの帰国中も会いたい人たちにもたくさん会って、リラックスしたいなぁ。
みなさま、良ければ相手してくださいな。


posted by eiko at 22:17| Comment(2) | TrackBack(0) | Travel (Japan) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月08日

まだ通過点だけれども。

やっと、「ABD」になれました。
All But Dissertation」って言って、「博士になるまで、あとは残すところ博士論文のみ」という、目安というかランク?みたいなもの。博士論文のプロポーザルの口頭試問をパスするとABDになるという仕組み。私も口頭試問を先日、おかげさまで無事終えることができました。(そう・・・実は夏に書いてたプロポーザル・・・まだやってたんです。。)

口頭試問は、論文委員会に入ってもらってる教授たちの前で行うのだけれど、和気あいあいとスムーズに済んでくれて正直びっくり。先生たちがいい提案やおもしろい質問をたくさんしてくれたので、ディスカッションはとてもおもしろく、純粋に楽しませてもらった。

実は、博士論文のテーマを決めてから約1年、ずっとずっとどうしたら他人の真似事ではない、自分としてのオリジナリティーを出せる研究にできるんだろう、って考えてもなかなか答えが出ないでいました。与えられたことをこなすことはできるけど、自分から生み出すのってほんと難しい!私にはまだ博士論文書ける力なんてないのかも、とか、こんなんじゃ先生に私のバカさがバレてしまうのでは・・・と悩み続けてモヤモヤ。書いた原稿も修正を繰り返さなくてはいけないし、正直、自信を無くしかけたことも多々。
それだからこそ、口頭試問中に先生方が「このアイデアおもしろい」「おもしろい研究になると思う」って言ってくれたことが本当に嬉しくって、悩んで試行錯誤してきたのが無駄じゃなかったことに、ほっとした。考えた結果を認めてもらえるのがこんな大きいもんだなんて知らなかった。そのおかげで、その後、口頭試問中リラックスできたんだと思う。

とか書くとなんだかもう終わったみたいだけれど、実はなんてことない、まだプロポーザル(論文の最初の三章)が終わっただけの段階(喜ぶの早すぎ。。)。これからが本番。これからきっともっともっとたくさん悩み苦しむことになるんだろうけれど・・・常に「自分なりの」研究をすることを心にとめて、楽しみながら研究することを忘れないでいようと思う。

有意義な議論と提案をしてくれた教授たちに大感謝。何よりも多くの時間を割いて原稿に何度も目を通してくれた指導教授には頭が上がりません。彼のためにもいいものを書かねば!
posted by eiko at 12:24| Comment(6) | TrackBack(0) | Graduate student life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。