2009年03月22日

SXSW(サウスバイサウスウエスト)

今週は、一週間のスプリングブレイク。といっても、もうそのブレイクも後2日足らずで終わってしまうのだけど・・・。

毎年、スプリングブレイクと言えば、SXSW(サウスバイサウスウエスト)。SXSWは、オースティンで開催される、世界規模の音楽・映画・インタラクティブのコンフェレンス。特に、音楽部門は大きくて、町中の至るところでライブ三昧の4日間!開催中は、世界中から各産業界の人やアーティストや一般参加者が集うので、オースティンはとっても混雑する。

sxsw small8.jpg

今年もいくつかの無料ライブパーティーに行ってきた。
SXSWでは、業界関係者やアーティストがうじゃうじゃしてるせいか、アーティストたちも「お客様のため」ではなく、身内を前に演奏してる感じ。普段とはちょっと違うライブの雰囲気が味わえる。新人アーティストたちは、レーベルの目に留まるように必死に演奏してるけど、大物たちは忘年会の余興で演奏するような気楽さ。

sxsw small 1.jpg
Graham Coxon。Blurのギタリスト。やっぱり、高校後期・大学初期に聴いていたUKは気になってしまう。Blurというだけで駆けつけた。彼は酔っててぐだぐだで、かなり力の抜けた演奏をしてくれた。

sxsw small3.jpg
好きな地元バンドの一つ、Del Castillo。踊れる熱いラテン。やっぱり楽しい!迫力あるツインギターにしびれます。

他にも観たけど、レポは割愛。以下は今年のSXSWの様子。

ライブハウスの連なるダウンタウンでは、あらゆる人たちが。
sxsw small7.jpg

sxsw small4.jpg
オーストラリアで有名というバンドが取材を受けている場面に遭遇。ほんとに有名なのかは謎。

sxsw small5.jpg
道の真ん中に特設舞台が。

sxsw small6.jpg
日が暮れるにつれ、増える人!有名アーティストの演奏のあるバーの前には、長蛇の列ができる。

sxsw small2.jpg
夜が更けても、町は静まらず。町中のライブハウスでの演奏は続く・・・。



posted by eiko at 07:42| Comment(4) | TrackBack(0) | Pastime | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月19日

Big 3-0(さんじゅう)

こんな私も、先週の金曜日(13日)に無事30代に突入しました。ちなみにこっちでは30歳の誕生日のことを「Big 3-0(ビッグスリーオー)」と言います。

cake.jpg

20歳になったその日のことをまだはっきりと覚えているのに、それからあっという間の10年。月日の経つ早さには驚きだけど、20代はその分、色々なことがありましたぴかぴか(新しい)

20代は変化ばっかり。全然安定してないけどとっても充実していて、人生の中での大切な出会いもたくさんあって、本当に悔いなく過ごせたと思う。大学時代は毎日毎日色々なことがあって、人生のうちであんなに楽しい毎日なんてそうないと思うくらいに、楽しんだ。その後、渡米して大学院に入ったけど、まさか20代のほとんどをそのままアメリカで過ごすことになるとは思ってもなかった。決して楽しいだけの留学生活じゃないし、大学院生やってるせいで就職や結婚も遅れてしまうという代償は払ったけど、これが私の選んだ道。もうちょっと頑張れたかもしれない、って思うことはたくさんあるし、自分に満足したことは一度もないけど、20代のうちにやったことに後悔はない、って思う。

孔子によると「30にして立つ」らしいけど、未熟な私はまだまだ何も達成できてないし、自立もできてない。それでも、30代は色んなことをちょっとずつ安定させていきたいな、って思っている。


誕生日当日は、うちで友人たちをよんでパーティーバー最初は彼氏とのディナーを考えていたのだけど、その日の夕方に大学院のリクルートメントパーティーがあって、ケーキやスナックをつまむことはわかっていたので、ディナーは日を改めることに。

うちのリビングに、こんなたくさんの人たちが。
party small1.jpg

party small4.jpg

party small2.jpg
みんなで一緒にうちでとにかく楽しく誕生日を過ごしたい、っていう私のわがままに付き合ってくれた友人たちに感謝!

相方にも友達にも、プレゼントをいただきました。みなさま、どうもありがとうプレゼント

posted by eiko at 15:28| Comment(3) | TrackBack(0) | Random | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月09日

カウントダウン

ついに20代も残り一週間を切ってしまった。
まだまだだと思ってたから、30代への準備が全然できてませんあせあせ(飛び散る汗)

ジミヘンもジャニスもジム・モリソンもブライアン・ジョーンズもカート・コバーンも、みんな27歳で他界したと初めて知ったとき。「27年も生きていれば彼らのように偉業を達成する人たちもいるんだなぁ」なんて漠然と思っていたのに、偉業なんか一つも達成することなくあっさりと27歳は過ぎ、28歳も過ぎ、29歳を迎えて、数日後にはもう20代が終わる。偉業どころか、学生・未婚・子なし。二十歳になった日と何一つ変わってないのだけど・・・。

ドラマSex and the Cityの中で、キャリーが「Twenty something girlsなんて」と言って、20代女子たちをねたむシーンがある。それを数年前に初めてみたときは、「私はTwenty something girlsだもーん」って、なんか誇らしくさえ思ったりしてたのに、もうあっと言う間に私もキャリー側の人間になる。

・・・とにかく色んな想いやエピソードのせいで、全然心の準備がなってないのだけど、あと数日のTwenty something girl生活を、満喫してみますexclamation
posted by eiko at 13:40| Comment(7) | TrackBack(0) | Random | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。