2008年11月29日

学会@サンディエゴ

先週末、学会でサンディエゴに。

サンディエゴは、実は20年ぶり。って書くと、すごい年寄りみたいだけど・・・。町はどこもかしこも新しくて、もちろん20年前とはすっかり様変わりしていた(って、ほとんど覚えてないけど)。でも、カリフォルニアはやっぱり海があって、とても綺麗。サンディエゴは、大きすぎず小さすぎず、気候も安定していて、海もあって、とってもいい町。
sd small 1.jpg

学会での発表は土曜日。私たちのセッションは、(たぶん)時間帯的な問題で、観客がとても少なかったのだけど、そのおかげでかなりくつろいだ雰囲気で、それぞれが発表を終えることができた。お世辞でも社交辞令でも、後から「いい発表だったよ」と声をかけてくれる人もいたことだし。それなりに満足。その後のうちの大学のパーティーでは、開放感に浸ることができました。

発表以外の学会の意義は、人に会うこと。大きな学会なので、本当にたくさんの人たちが集う。私も、他大学の先生やら学生やら卒業してしまった先輩やら、一年ぶりの人たちに何人か会えた。いつも論文や本でお目にかかっているとある先生にも声をかけてみたりした。人脈が将来どう関わるかわからない世界だもの。こうして一年に一度、会えるだけでも大事だと思う。

‐‐‐
せっかくのサンディエゴなので、ちょっと観光も。
夕方に向かったコロナド島から観たダウンタウン。
sd small 2.jpg

最終日の月曜日の発表を観た後は、サンディエゴ動物園へ。世界最大級の動物園。とてつもなく広いし、動物の数も相当なもの。

sd small 3.jpg
赤ちゃんパンダなのに、食後はこのおっさんポーズ。でもかわいい。

sd small 4.jpg
ゴリラ。なんか表情とかリアルに人間みたいで迫力ある・・・。

sd small 8.jpg
この子らも、なんかめっちゃかわいいし。

結局、全部周りきれないほどの動物たちがいた。

泊まってたホテルはLittle Italyのすぐそば。
sd small 6.jpg
その中の一つのイタリアレストランで食べた、ペストのパスタ。せっかく海辺なのに、今回シーフードを食べることができなかったのだけど、シーフードはもうちょっとで帰る日本での楽しみにとっておくことにします。


*「ゴリラ」を最初、「オラウータン」って書いてました。同じとこに両方いたから、混乱・・・。訂正いたしました。
ちなみに、オラウータンはこちら。
sd small 9.jpg
こういうおばあちゃん、いるよね。


posted by eiko at 17:20| Comment(11) | TrackBack(0) | Travel (U.S.) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月18日

Give It Up or Turnit a Loose

ただ今、今週末の学会の準備中。様々な人の助言もあって(特にMさん、大感謝!!)、なんとか形になってきた。

今回発表するのは、同じ大学院の同僚との共同研究。インタラクションをミクロに分析する、というのが私がまぁ専門にしている分野なのだけど、ステップやヨガインストラクターの資格保持者の顔も持つ同僚Kが、ステップエクササイズクラスのインタラクションを「ミクロ分析」したい、と言い出したことで始まった。

この共同研究、二人の間ではっきりと役割が分かれている。私が一応インタラクション研究の「専門家」であるのに対し、彼はフィットネスのプロ。私が主に分析を進める一方、外部の者にはわからない、インストラクターとしての内部知識をKが提供する、という役割分担になる。実際、私がまとめたことをKに報告して、意見を聞く、という形だし、発表に関しても、私が発表内容をまとめてパワーポイントを作らせてもらっている。もちろん、話し合いもたくさんしてるし、これは私の専門分野なのだし、これで上手くいっていると思う。

先に述べておくと、Kはコンビとして組むのには最高の同僚かつ友人。教えることにも研究にも精一杯の力を注ぐ頑張り屋。多方面で活躍していて、優秀で尊敬できる人。それなのに決して威張ったりしない素晴らしい人格の持ち主なので、対等に向き合える相手でもある。
そんなKとだから、私は話し合いでも言いたいことを言わせてもらっている。これ以上ないくらい一緒に仕事しやすい相手だと思う。

だけど、そんな相手とだから余計に、いかに共同作業というのが難しいものかを実感するのも事実。

Kは量的研究が専門なので、私とは違う視点を持っている。量的研究は、いわば自分の知りたい因果関係だけを選別して分析することができる。原因と結果の両方の要因を変数として定めて、それに基づいてデータを集める。

それに対して、私のやるのは質的研究。データが先に存在し、データの中で起こっていることを「発見」するのが目的。自分が見たいと思う現象をあらかじめ決めるのではなく、実際のインタラクションを録画したデータを緻密に分析して、普段では見えない現象を探している。

ということで、バックグラウンドも目的も違う二人。データの中で起こっていることのみを指摘する者と、自らの経験から、ステップエクササイズインストラクターの意図や動機について話したがる者。そりゃ、ちょっとした意見の食い違いくらい、起こりますとも。

こないだも、結構もめる瞬間があって「この状態が続くことになれば、コンビ解散?」という気持ちがふと頭をよぎったりも。ほんと、どんなに心の広い相手とでも、共同作業とは難しいものです。

でも、そこはKの素晴らしいところで「この分野を専門にしてるのはエイコなんだから、信じて従うよ」と最後には折れてくれる。「このプロジェクトを実現させてくれてありがとう」とかさえ言ってくれる。ほんっと、出来た人もうやだ〜(悲しい顔)だから色々な方面でそんなにも優秀なのね、兄さん!私は絶対あなたのようにはなれません!!

この研究法に精通しているのは私であり、相手はその点は私に「頼らなければならない」ということ。だけども、私も相手の意向は無視できないということ。とは言え、私にも「こうしたい」という欲が出てきてしまったということ。私はインタラクションを研究したいけど、相手はインストラクターが指導で実際に使えるコミュニケーションテクを探したいと思っている、ということ。

・・・なんだかいろんな要素が絡み合って、なかなか素直にデータと向き合えない状態が長いこと続いていた。「こうだとあまりにもインタラクションの研究すぎちゃうけど、これだとフィットネスのクラス自体の研究になりすぎちゃうなぁ」とか。

でも、きっと向こうにもたくさんジレンマがある。ならば相手に変に気を使っても何も進まないだろうし、いいものなんてできないし、自分が楽しめる研究だって出来ない。しかも発表は今週末。今はもう勝手にやっちゃっている。実は。先輩のアドバイスも受けて。だって、フィットネスのクラスのインタラクション研究、意外とおもしろいのだもの。やってみたら。

K、先週の打ち合わせから内容が若干変わってるけど、驚かないでね(笑)。発表当日までには、ちゃんと報告するからわーい(嬉しい顔)

ということで、今週末はサンディエゴ。楽しみ〜ぴかぴか(新しい)
posted by eiko at 12:59| Comment(4) | TrackBack(0) | Graduate student life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月06日

変革。

歴史的瞬間!オバマ氏の勝利。
私は友達の家での選挙日パーティーで結果を観た。

思い返せばオバマ氏を初めて知ったのは四年前。2004年の大統選の時。ミシガンで友達のうちで結果を見守ってたとき、ケリーの応援演説をするオバマ上院議員を始めて観た。
友達(イリノイ出身)が、「この人、うちの州の上院議員なんだよね〜。私は好きなんだ〜」とか言っていて、へぇ・・・、と思ってテレビを観たのを覚えてる。なぜかそのとき初めて観たオバマ氏の演説が妙に心に残っていた。そのときはその人が四年後に大統領に当選するとは思ってもなかったけども・・・。

オバマ氏の圧勝の報道を見たとき、すごいときにアメリカにいたもんだ、と思った。アメリカ人でもないけど、私はこの日の彼の勝利演説を長い間忘れないだろうな、とか思った。ヒスパニックの血を持つ友達は、彼の勝利演説を聴きながら涙していた。この国に、白人以外の大統領が選ばれる日がこんな早く来るとは思っていなかったらしい(オバマは半分白人ではあるけれど)。演説を生で聴いていた観衆たちの中にも、泣いている人たちがたくさんいたのが印象的だった。本当に多くの人たちにとって、この勝利には大きな意味がある。

四年前には、イラクでの無意味な戦争を起こしたブッシュを再選させたアメリカにほんとにがっかりした。それが今回のオバマ氏当選。ちょっとずつアメリカが変わりつつあるのが目に見える。アメリカ中で、多くの人たちがオバマ氏の勝利に喜んでいる。今まで以上に多くの人たちが投票して、それがこの結果につながった。本当にたくさんの人たちが「変革」に向けて自ら動こうとしているんだ、と感じる。

そういう意味で、これはアメリカにとっての歴史的瞬間なんでしょう。これからの本当の変革に期待あるのみ・・・
posted by eiko at 14:29| Comment(5) | TrackBack(0) | Random | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月03日

今年のハロウィーン

は、ジプシーの占い師になってみた。いや、ただのジプシーかも。とにかく私のはかなり無難な仮装です。

halloween small 4.jpg
ハロウィーンの当日は金曜日だったけど、土曜日に友達の家のパーティーに。いつものお仲間とその友達がたくさん集合したのだけど、みんな仮装しているのでいつもと雰囲気が全然違う。

友人たちの仮装がかなりクリエイティブでおもしろかったので、ここにご紹介。

halloween small 2.jpg
カウガールに脅される、ハリーポッター。

halloween small 3.jpg
共和党副大統領候補のペイリン、アラスカ知事と、そのシークレットエージェント。ペイリンは完コピ。シークレットエージェントは、シャツの下に枕を入れて、大きなお腹を演出したそう。

halloween small 1.jpg
「百万ドルが当選しました」って、家に訪問に来るアレ。手には大きな小切手。

halloween small 7.jpg
みんなで入れ替わり立ち替わり、しつこいくらいに、「当選して喜んでいる人」の役をやった。

こちらは新体操の選手。
halloween small 6.jpg

halloween small 5.jpg
その人たちがみんな踊りだすと、ありえない光景が。


・・・おかげで今日は二日酔いたらーっ(汗)
posted by eiko at 08:50| Comment(6) | TrackBack(0) | Pastime | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。